If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

私のクリスマススコーン ’2020

11月の伊勢丹英国展で出会った美味しいクリスマススコーンをお手本に、私なりに研究を重ね?…わが家のクリスマススコーン2020年版が完成しました(^^♪。

3つの素敵なお店のクリスマススコーン

まずはおさらい…。

英国展のたくさんの素敵なお店の中から、これは!と選んだクリスマススコーンたち。

それぞれブログにも書きましたが、どれもとても美味しかったです。

ティボー・マルション

スパイスがきいた生地にクランベリーとりんご(多分)入り。トップのお砂糖がカリッとして楽しいアクセントに。

右下が、クリスマススコーンです↓

 よろしければ→ 英国展のスコーンたち①|ティボー・マルション

タイニートリア

ほろっとした生地に、クランベリー、アンゼリカ、ホワイトチョコレートが入った、可愛らしいスイーツのような美味しさ。

手前がクリスマススコーンです↓

 よろしければ→ 英国展のスコーンたち②|タイニートリア

ベノア with シップトンミル

粉の風味と柔らかいシナモンの香り、甘酸っぱくてしゃりっとしたりんごの、上品なバランス。

右がクリスマススコーンです↓

 よろしければ→ 英国展のスコーンたち③|ベノア with シップトンミル

私のクリスマススコーン

そして、私のクリスマススコーンは…ふんわりした生地にフルーツがたっぷり入った、ケーキのようなスコーンを目指しました!

フルーツは3種類。ドライクランベリーとオレンジピール、甘く煮たりんご(ふじ)です。

私の大好きなフルーツばかり(^^♪。

ふんわりもっちりした生地にしたかったので、小麦粉は、北海道産小麦の「クーヘン」。スパイスは入れず、あくまでフルーティーに。

焼き上がりは…。

少し欲張りすぎて、でこぼこになりました(^^;)。

特製クロテッドクリーム(後ほどご説明しますね)を添えて、いただきました。

甘い風味のクーヘンの生地に、クランベリー、オレンジ、りんご…。大好きな要素を詰め込んだスコーンですので、もちろん美味しい(^^♪。

大満足なクリスマススコーンができあがりました(いつもながら自画自賛しております)。

自家製のクロテッドクリーム

そして今日は、クロテッドクリームも自家製なのです!

小関由美さんの「スコーン大好き!」に載っていた作り方を参考に、グラタン皿に入れた生クリームを100℃のオーブンで2時間加熱。ひと晩冷蔵庫で冷やしたら…。

生クリームの上の部分が固まって、クラスト付きのクロテッドクリームに(^^♪。

200ml の生クリームから、採れたクロテッドクリームは50gほど。コストパフォーマンスは?ですが、お家でクロテッドクリームが作れたことに感動です。

しかも…美味しい!! クラストがやや厚めではあるものの、ねっとりしたクリームはロダスに引けを取らないかもしれません。新鮮な優しいミルクの香り…(^^♪。

少し手間はかかるけれど、また作ってみたいと思います。

ChaTea のシックなクリスマスティーで

お茶は、ChaTeaのクリスマスティーを合わせました。

クローブがきいたシックな風味が、フルーツたっぷりのにぎやかなスコーンを、少し大人っぽくまとめてくれました。

私はブラックでいただくことが多いのですが、ミルクティーにしても美味しいお茶です。

11月の英国展から、何だかずーっとクリスマス気分で過ごしてきましたが…いよいよラストスパート?ですね。

ケーキは、どんな風にしようかな…(^^♪。