If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

プロフィール

はじめまして、ゆきと申します。

54歳の専業主婦です。忙しかった秘書の仕事を辞めて、のんびり静かに暮らすようになりました。

つれづれなる日々のアクセントは、美味しいお茶とお菓子を、お気に入りのティーセットでいただくひと時。

そんな暮らしのささやかな愉しみを、日記代わりに書いています。

どこかで誰かが読んで下さって、思わずお茶が飲みたくなったり、ほんのすこし楽しい気分になっていただけたら、とてもうれしいです。

ゆきの基本情報

  • 1966年生まれ。
  • 住所:千葉県(チーバくんのベロのあたり)
  • 性格:内向的でひとみしりな傾向が年とともに強まっている。
  • 好きなこと:家にいること、時々ふらっと出かけること。
  • 好きなもの:本、音楽、絵、甘いもの、香りのよいもの、素敵なもの。
  • 好きなお茶:春摘み・夏摘みダージリン、香りのよい煎茶、和紅茶、アールグレイなど。
  • いま夢中なこと:英国菓子作り(簡単なもの)、ピアノの練習(30年ぶり)。

家族

  • 夫:1965年生まれ。基本は癒し系だが、シニカルな面も。ワインが大好き。
  • 犬:2009年生まれ。臆病で内弁慶な豆柴♀。名前はモモ。チーズが大好き。

「妖精たちがお茶を飲みにきたら」のこと

ブログのタイトルは、セイロン紅茶のパイオニア、ジェームズ・テーラーが生涯大切にしていたという、子供用のお皿に書かれた詩の一節を使わせていただきました。

開拓者としてセイロン/スリランカに渡り、紅茶に生涯を捧げたテーラー。幼い頃に亡くした母の形見と思われるお皿には、家に遊びに来た妖精を、子供と犬が楽しそうに出迎えている絵が描かれ、こんな詩が添えられているそうです。

IF THE FAIRIES COME TO TEA

HOW VERY JOLLY THAT WOULD BE

THEY’D SAY “HELLO”. I’D SAY “COME IN”.

AND THEN THE FUN WOULD ALL BEGIN

もし妖精たちがお茶を飲みにきたら…。

どんなお茶とお菓子を出しましょうか? おしゃべりが苦手でひとみしりな私ですが、きっと妖精たちは気にせず、いたずらっぽい顔でクスクス笑ったり部屋の中を飛び回ったりしながら、お茶を飲んでくれそうな気がします。

いつかほんとうに、来てくれたらいいな。