If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

桃に名残りを…

フルーツの中でも、桃にはとくに目がありません。出始めのころから様々な品種を頂いてきましたが、ついにお別れの季節になりました…。

今年最後の桃は「きららの極み」という黄桃。香りが良くてなめらかな、夢のように美味しい品種です。

そのままでも最高なのですが、コクがあるのでスイーツや乳製品とともに紅茶に合わせると、とてもしっくり。

2日続けて、名残を惜しみました(^^♪。

焼きたてのフレンチトーストとともに

たっぷりのバターでカリッと焼いたフレンチトーストに、プロセッコ(夫がいまいちだと言って冷蔵庫に残っていたので)と合えたきららの極みをのせて、軽いランチにしました。

あつあつのトーストと、冷たい桃の組み合わせが何とも言えず好きです。

ちなみにこのフレンチトーストは、OISIXで買った冷凍のもの。電子レンジで解凍してフライパンで焼くだけと手軽で、しかもとても美味しい! 常にいくつかストックしているお気に入りです。

合わせた紅茶はダージリンの春摘み、マーガレッツホープ農園の「スプリングディライト」(2020年DJ4・ルピシア)。

軽やかながら香りの奥行きと余韻が深いお茶なので、濃いめに淹れたらフレンチトーストもしっかり受け止めてくれました。桃の香りが橋渡し役です。

いろいろチーズのテリーヌとともに

いよいよ最後の1個は、作り置きのチーズテリーヌと一緒にいただきました。

テリーヌのレシピは、とっても適当(^^;)。クリームチーズを主体に、残り物のチーズをいろいろ入れます。

今回は、クリームチーズ250g、マスカルポーネ100g、サワークリーム100g、カマンベール(皮は除く)30g、お砂糖50g、卵2個、米粉10gくらい…甘みはかなりひかえめです。低温でゆっくり湯せん焼きし、冷蔵庫で2日ほど寝かせたもの。

きららの極みは、フレッシュな風味を生かしたくて、切ってそのまま添えました。

合わせたお茶は、井村園のべにふうきの紅茶「ももかプレミアム」2020年セカンドフラッシュ。まさに桃のようなフルーティーな香りの、私がいま一番好きな和紅茶です。

渋みは少ないですがボディがしっかりしているので、少しミルクを入れるのが気に入っています。もちろん桃との相性はぴったり。

桃と紅茶の香りが混然一体となって、夢見心地のひととき。今年最後の桃を堪能いたしました(^^♪。