If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

三越英国展2022 ②ソヴリンのティービスケット

日本橋三越の英国展、終わりましたね。

期間中にコロナウィルスの感染者数がどんどん増えて…。迷ったすえに Part2は自粛しました。

でも、Part1に行けただけでも幸せ(^^♪。

いつもよりお買い物は控えめだったのですが、だいじに少しずつ楽しんでいます。

今日は、かわいい缶に入った、ソヴリンのティービスケット(^^♪。

ソヴリンのビスケットは、数年前の英国展で出会ってから大好きになりました。

▼一昨年の伊勢丹でも▼

あわせてどうぞ

新宿伊勢丹で開催されている英国展に行ってきました。 既にいらした方々のブログなどを参考に、開店時間(10:00)には伊勢丹到着。それほど混雑もなくお買い物することができました。 重いものなどはオンラインストアで注文しましたので、[…]

これまでは、いろいろなビスケットを1枚ずつ選べたのですが、今回はシンプルなティービスケット1種類。

その代わり、とびきりかわいい缶に入っています(^^♪。

賞味期限が1か月程あるのもよいですね。

開けてみますと…

ビスケットが、お行儀よく、きっちり。

バターのあまい香りがふんわりします。

取り出してみると、ますます、可愛らしくも生真面目なたたずまい(^^♪。

素材の良さがそのまま感じられる、素直な優しいお味です。

気のせいか、以前にいただいたときよりもさくっと香ばしく、さらに美味しくなったような。

シンプルなのですけれど、ありそうでなかなかない、上等なビスケットです(^^♪。

ショップカードによりますと▼

Sovereign(ソヴリン)は「国王、最高の~」という意味の英国菓子ブランドです。

…英国ジャージー島のJERSEY DAIRY製ジャージー・バターとイングランドのDOVE’S FARM製小麦粉を100%使用し、老舗洋菓子店のパティシエがひとつひとつ丁寧に作っています。

Darvilles of Windsor なども扱う食料品輸入会社ルウラルのオリジナルブランドで、催事限定で販売されているそうです。

製造は日本国内なのですね。

なるほど。

英国産の風味豊かな材料と、日本ならではの丁寧な仕上げで、この美味しさに(^^♪。

お茶は、トレゴスナンのアールグレイにしました。

イギリス南西部・コーンウォールで、希少な英国産紅茶を産出しているトレゴスナンエステート。

オーナーのファルマス卿は、何と、アールグレイティーの生みの親とも言われる第2代グレイ伯爵の子孫にあたるのだそうです。

そんな物語も秘めたトレゴスナンのアールグレイは、英国産紅茶とアッサムの上品なブレンドに、ナチュラルベルガモットオイルのみずみずしさが印象的。

かすかにスモーキーな風味が、バターの香る “Sovereignなティービスケットにぴったりでした(^^♪。

▼トレゴスナンのこと、もう少し詳しく書いています▼

あわせてどうぞ

イギリスの気候では難しいとされた茶の栽培に成功し、2005年から「英国産」紅茶を生産しているトレゴスナンエステート。 茶園を所有するファルマス子爵は、1830年代にイギリス首相をつとめたグレイ伯爵(アールグレイティーの誕生に関わったと[…]

オミクロン株の拡大、ますますたいへんなことになっていますが…。

桜が咲くころには落ち着くでしょうか?

それまでは、お家ティータイムを楽しみたいと思います(^^♪。

 

あわせてどうぞ

先日、日本橋三越で開催中の英国展に(恐る恐る)行ってまいりました。 平日の夕方で売り切れのものも多かったのですが、思いのほか空いていて、ほっ。 前からいただいてみたいな~と思っていたカメリアズのスコーン、待たずに get できま[…]