If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

パウンドケーキが上手に焼けません

小麦粉・バター・卵・お砂糖だけの、シンプルなパウンドケーキ。大好きなのですが、なかなか上手にできません。

下の方に、詰まったような部分ができてしまうのです。

調べた結果、原因は次の3つが多いようです。

  1. バターとお砂糖の泡立てが不十分である。
  2. 卵を加えたときに、分離してしまう。
  3. 粉を加えてから、混ぜ過ぎている。または混ぜ足りない。

(最初にバターとお砂糖を泡立て、全卵を加えてさらに泡立て、最後に粉を混ぜる方法の場合)

対策として、粒子の細かいグラニュー糖を使うと、バターと良くなじみ、に効果があるとのこと。

試してみることにしました(^^♪。

極微粒グラニュ糖 シュクレーヌ

富澤商店で「パールエース印  極微粒グラニュ糖  シュクレーヌ」(グラニューではなく、グラニュと書いてあります(^^;)を購入。

ほんとうに、とても細かいです。

いつものようにバターと泡立てていくと、確かに、なじみが良くて、泡立ちも早い! ざらつきのないふわっとした状態になりました。

分離しないように、常温に戻した卵を少しずつ入れて…ここまでは成功(^^♪。

粉を入れて、今回は「ツヤが出るまで混ぜる(混ぜ足りないことを避ける)」ことにしました。

その結果…。

うーん。いつもよりは良いけれど、まだ、下の方に詰まったようなところがありますね。

やはり混ぜ方の問題でしょうか?

混ぜ過ぎてしまったのか…もっと混ぜるべきだったのか…???

いつもより美味しい…かな?

ほんのり温かい状態で、いただいてみました。

いつもより美味しい…かもしれません(^^♪。

私の好きな、しっとり&さらっとした口どけに近づいています。詰まっているところも、口に入れてみるとそれほど気にならず。

先日タイニートリアで見つけた美味しいレモンカードをつけると、さらに良い感じ。

シュクレーヌ効果、確かにあったようです。

あとはやはり「腕」の問題? 混ぜ過ぎなのか、混ぜ足りないのか…。