If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

VIRON のクロワッサン・オ・ザマンド

昨日、めずらしく早く仕事が終わった夫が、VIRON でパンを買ってきてくれました。

夕食用のライ麦パンなどと一緒に、私の大好きなクロワッサン・オ・ザマンドも…。

えらい!! やればできるのね(^^♪。

悪魔的な美味

昨夜はさすがに夕食でお腹いっぱいになってしまい、今日のおやつに温め直していただきました。

170℃ で7分ほど。オーブンから出してしばらく置き、ほんのり温かいくらいが一番好きです。

バターの香りが漂って、わくわく…。

大きい(22㎝のお皿に乗せています)…けれど、経験上、軽く平らげられることを私は知っています(^^;)。

さくさく香ばしいクロワッサンのなかに、リキュールの香るアーモンドクリームがぎっしり。

アーモンドクリームをこよなく愛する私としては、パン屋さんにクロワッサン・オ・ザマンドがあれば必ずといっていいほど試してみますが、VIRON のはやはり格別です。

濃厚なのに、なぜか後をひき…。今日もあっという間に(^^;)。

もしここにもう1つあったら…と考えるのも恐ろしい、悪魔的美味しさなのでした。

マリアージュフレール「パリ ブレックファスト」

お茶は、マリアージュの「パリ ブレックファスト」と決めていました。

レモンやオレンジ、バニラや蜂蜜が混ざりあった甘い香りのブレックファスト。

昔は大好きだったフレーバードティーが徐々に苦手になり、今ではアールグレイ系の他はあまりいただきませんが、このパリブレックファストは常備しています。

というのも、クロワッサン・オ・ザマンドをはじめ、ヴィエノワズリーとの相性が抜群なのです。

少しクセのある香り(私にとっては…)が、濃厚なバターやアーモンド、リキュールなどの強い風味に合うのかな。

いま家にあるのは、ティーバッグです。

ずっと変わらないモスリンのバッグがかわいいですね。

昔お気に入りだったバニラティーの空缶に入れ替えて保管しています。

実は、数年前に1度いただいたきりの、憧れのクロワッサン・オ・ザマンドがあります。

長野の善光寺近くにあった「藤屋別館・パティスリーHEIGORO」というお店のもので、上にスライスアーモンドがたくさん「刺さって」いて、香ばしくてとても美味しかったのです。

いま検索してみたら、なんとパティスリーは昨年3月に閉店したとのこと。

長野や軽井沢に系列のお店があるようなので、いつか行けたらと思います。