If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

赤いルバーブのジャム

八ヶ岳の麓にあるという農園から、楽しみにしていた真っ赤なルバーブがたくさん届きました。

さっそく、初めてのルバーブジャム作り(^^♪。

ジャムになるために生まれてきた…?

ルバーブを使ったお菓子は好きだったのですが、実は、フレッシュなルバーブを買ってみたのは初めてです。

たまに見かけても、下処理が面倒そう…と敬遠していました(蕗のイメージで)。

でも、イギリス菓子を好きになってからは、憧れの存在に昇格。

長野県・富士見高原の「かぼちゃん農園」から、赤いルバーブを2㎏ もお取り寄せしてしまいました。

ほんとうに、真っ赤!

わくわくしながら、とりあえず 500g のルバーブをジャムにしてみることに(^^♪。

皮ごとざく切りにして…

お砂糖(今日はルバーブの30%)とレモンスライスを入れてしばらく置いてから、強火で煮はじめたら…

ルバーブがみるみるうちに煮崩れて、あっという間にジャムになってしまいました!

こんなにジャムにしやすいフルーツ…ではなく野菜?って初めてかもしれません。

それにしても、ほんとうに鮮やかなルビー色。

先日つくった苺ジャムと並べてみたら、どちらかわからないくらいでした(^^;)。

少しお味見すると、ほどよい酸味でよい感じ。

急いでスコーンを焼いて、ティータイムにしました(^^♪。

クリームティーデイ

知らなかったのですが、毎年6月の第4金曜日は、イギリスの「クリームティー協会」が定めた「ナショナルクリームティーデイ」なのだそうです。

つまり今年は6月25日。先週の金曜日だったのですね。

だいぶ遅れてしまいましたが、久しぶりのクリームティー(^^♪。

最近、スコーンにはスペルト全粒粉を少し混ぜるのが気に入っています。

ルバーブジャムは、さわやかで優しいお味。青っぽい香りのルバーブにレモンが効いています。

風味豊かなスコーン、たっぷりのクロテッドクリームと一緒にいただくと、とっても美味しい(^^♪。

Betty’s「ティールームブレンド」

お茶は、Betty’s の「ティールームブレンド」にしました。

英国紅茶らしいクラシカルな風味。茶葉の香りが生き生きとして、ほんとうに美味しいです。

スコーンとの相性はもちろん抜群(^^♪。

しっかり淹れても渋みが出ないので、私はだいたいブラックティーでいただきます。

缶の底を見てみましたら “Packed in England by Betty’s & Taylors of Harrogate” との記載が。

ヨークシャーティーで有名なテイラーズオブハロゲイトはベティーズの傘下なのだそうです。

そういえば、このバランスの良さはヨークシャーゴールドに似ていますね。スコーンにすごく合うところも(^^♪。

初めてのルバーブジャム作り、心配していた下処理などまったく不要で、あっという間に美味しいジャムができました。

残り1.5㎏ のルバーブが野菜室を占領していますが…冷凍もできるとのことでひと安心(^^;)。

いろいろなお菓子を作ってみたいと思います!

 

あわせてどうぞ

プティ ニュアージュ(小さな雲、ですよね?)という名前も素敵な、白いふわふわのフレッシュチーズ。 いま私が一番好きなチーズかもしれません(^^♪。 北アルプスの牧場から、かわいいブーケと一緒に届きました。 ミルクの雲 種類と[…]

あわせてどうぞ

八ヶ岳の麓の「かぼちゃん農園」から届いた真っ赤なルバーブ。 先日のジャムはとても美味しくできましたので、次はお菓子ですね。 何を作ろうかな...と、例によって安田真理子さんのブログ「Galettes and Biscuits ~[…]