If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

マスカットとレモンのトライフル

残暑厳しき折…。

何か冷たくて美味しいものをつくりたくなったのですが、お買い物に行きたくない(^^;)。

冷蔵庫に少しずつ残っていたいろいろなものを集めて、トライフルにしてみました。

トライフルって、つくるのも食べるのも初めてかもしれません。

英国菓子のレシピブックなどで見かけてはいましたが、美味しそうだけれどパーツが多くて面倒そう…と思っていました。

でも今日は、手間がかかったのはカスタードクリームくらい。

あとは残りものを組み合わせたので、とても手軽にできました(^^♪。

下から、レモンゼリー(いただきものの市販品)、先日のキャトル・キャアル、レモンカード入りのカスタード、シャインマスカット、ホイップクリーム、アーモンドとレモンゼスト。

早く使わなければ…と思っていたレモンカードと生クリームを消費できてうれしいです(^^♪。

カスタードクリームを流したらよく冷やして、いただくときに、マスカットやホイップクリームを乗せました。

Dig in!

マスカット、レモン風味のカスタードクリーム、そしてホイップクリームの組合せが最高…(^^♪。

やわらかいゼリーにひたしたキャトル・キャアルも、しっとりとよい感じ。

▼この残りを入れました。

あわせてどうぞ

フランス在住のエッセイスト・戸塚真弓さんのご著書を、長年、愛読しています。 とくに「パリからのおいしい話」は、20年以上にわたって、ベッドサイドの常連。 ぱらっと開いたページを少し読むと何だか楽しくなって、心地よく眠りにつけるの[…]

ところで、「トライフル」の由来は、残りものでつくることから、trifle = つまらないもの?と呼ばれるようになったという説が有力とのこと。

でも、つまらないなんて言えない美味しさです。

カスタードとホイップクリームって偉大ですね! この2つがあれば、たいていのものはうまくまとまるような。

断面を考えながらグラスに入れる作業も楽しくて、ちょっとはまりそうです(^^♪。

お茶は、茶茶の間の「青い鳥」。

静岡産の「蒼風」という品種のシングルオリジンティーです。

緑茶…という概念におさまらないような、不思議なくらい香りのよいお茶。

いれ方によって表情が変わるのですが、今日は、少量の茶葉を熱湯でしっかりと蒸らしました(茶茶の間の店主・和多田喜さんの著書「今日からお茶をおいしく楽しむ本」に紹介されていた「一杯茶」といういれ方です)。

甘くフルーティーな香りと、まろやかな口あたり。優しいなかに芯のある味わいで、クリームやバターを使ったお菓子にもよく合います。

トライフルのマスカットやレモンの香りとリンクして、何ともいえない素敵な余韻が残りました(^^♪。

それにしても、厳しすぎる残暑。

すっかり参って運動量は減っているのに、食欲だけはおとろえません(^^;)。

どうしたものでしょうね…。

 

あわせてどうぞ

最近、日本茶の「品種」に興味を持つようになりました。 そのきっかけをくれたのは、素敵な日本茶専門店・茶茶の間。 今日は、楽しみにしていた新茶「清明」を、茶茶の間おすすめの淹れ方で丁寧に味わってみました。 お茶を「喫する」 「[…]

あわせてどうぞ

素敵な日本茶のお店・茶茶の間の、「清明」というきれいな銘の新茶。 「近藤早生」という品種だけで作られた香り高いお茶です。 先日は少し背伸びして「喫し茶」に挑戦したところ、凝縮された風味に圧倒されてしまいました↓ [site[…]