If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

オーロラのキャラメルパフェ…?

「オーロラ」という洋梨を初めて買ってみました。

そろそろ食べごろかしら…と眺めているうちに、ふと、キャラメルパフェにしてみたくなって…。

よく考えずに作りはじめたものだから、何だかもう、あたふた(^^;)。

アイスクリームって、こんなにとけやすいものだったとは。

いつものスーパーマーケットで、あら、もう洋梨が出ている…と近づいてみると、「オーロラ」という名札が。

私は初めてお目にかかった気がしますが、50年以上も前からある品種なのだそうです。

9月に旬を迎える早生種。

追熟させること数日。全体が緑色から黄色に変わって…そろそろ食べごろかしら。

そのとき、ピエールマルコリーニのキャラメルパフェ(洋梨とキャラメルの組合せが最高に美味しい)があたまに浮かびました(^^;)。

アイスクリームはストックがありますし、順番にグラスにいれればいいのよね…と軽い気持ちで作りはじめたら。

あれこれ手間取っているうちにアイスクリームがどんどんとけて…。

どうにかできあがったときには、このような状態に。

中身は下から、

  • オーロラの白ワインマリネ
  • ミルクアイスクリーム(ハーゲンダッツのリッチミルク)
  • ホイップクリーム
  • キャラメルアイスクリーム(ハーゲンダッツのキャラメルホリック)
  • ふたたびオーロラ
  • キャラメリゼしたアーモンド

となっております。

紅茶をいれる間に、さらにとけました。何だかもう、シェイクみたい…。

写真もそこそこに、いただきました。

でも、このとろとろの状態も、それはそれで美味しかったのです(^^♪。

オーロラは香り高く、きめ細かくて、まさにとろけるような舌ざわり。

とけかけのアイスクリームと生クリームがからまったところに、カリッとほろ苦いアーモンド。

洋梨とキャラメルって、ほんとうによく合いますね。

外見は「パフェ」と言えるか微妙ですが(^^;)、お味は Parfait だったということに…?

お茶は、シルバーポットから届いたばかりの夏摘みダージリン。

タルザム茶園の CLONAL MUSK(2021年 DJ30)です。

ムスクといえばチャイナ…と思い込んでいたので、クローナルムスク??と興味津々でした。

使用品種はT78とB157。
ともにシルバーポットが大好きな品種ですが、中国種マスカテルの香りに近く迫りつつ、独自の深い世界を創るB157は最も惹かれる品種。

~紅茶専門店シルバーポット ウェブサイトより

確かに、中国種とクローナルの良いところどりのような、不思議な美味しさ。

濃い果実の香りがふわっときたあとに、クローナルらしい優雅でやわらかな余韻が広がります。

ただですね…。

せっかくの素晴らしいお茶なのに、パフェのばたばたのせいか、どうも落ち着いていただけませんでした。

またあらためて、ゆっくりと味わってみたいと思います…。

パフェ、甘くみてはいけませんね…。

何事ものんびりするくせがついてしまった私には、かなりハードルが高かったです(^^;)。

そういえば、マルコリーニのキャラメルパフェにならってお塩をそえるつもりだったのに、忘れてしまいました。

悔しいので、近いうちに再挑戦しなくては…!