If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

Marguerite Tea+Cakes. のイギリス菓子

イギリス菓子のお店「Marguerite Tea+Cakes.(マーガレット・ティーケイクス)」へ、はじめて伺いました。

小さなかわいい店内にならぶ、おいしそうなお菓子たちに大興奮!

あれもこれもと包んでいただいて、わくわくしながら帰宅…。

さっそくティータイムにしました(^^♪。

以前から「British tea styleーIt’s time for tea !」というブログを愛読していた私。

それなのに、ブログを運営されている accoさんがイギリス菓子店のオーナーで、しかもそのお店「Marguerite Tea+Cakes.」が、家から遠くない船橋市にあることに気づいたのは数日前…(^^;)。

営業日(現在は、金曜・土曜とのこと)を待ちかねて、行ってまいりました。

お店の撮影は遠慮しましたので、さっそくですが、お持ち帰りしたお菓子たちです。

この他に、クロテッドクリーム(タカナシ)と、紅茶も少し。

今日はまず、早くいただいた方がよさそうなものから…。

カントリースコーン、ヴィクトリアサンドイッチ、そして一番楽しみにしていた、ブラムリーのクランブルパイ。

スコーンには、温め方の説明書がついていました(親切ですね)ので、その通りに、200℃のオーブンで5分。

温かいうちに(^^♪。

さくっ&ほくっとした口あたり。卵の風味が懐かしい雰囲気で、とても美味しいです(^^♪

クロテッドクリームは、一緒に購入したタカナシのもの。そして先日つくったブラムリージャムをたっぷり。

タカナシのクロテッドクリームを久しぶりにいただいたのですが、こんなに濃厚だったのですね。

スコーンとジャムとの三位一体?で絶妙なバランスになりました(^^♪。

お次は、ブラムリーをつかったアップルクランブルパイ。

目下ブラムリーブーム中の私としましては、本日のメインといえます。

スコーンと一緒にオーブンで温めてみました。

ペストリーはさくっ、クランブルはざくっ。

そして、しっかり火の通ったブラムリーが美味しいです!

私のあっさりジャム(それも好きなのですけれど)とは、別次元のお味。

ブラムリーってこんな風にもなるんですね…。さすがプロのお仕事です。

最後に、ヴィクトリアサンドイッチです。

小さなマーガレット形がかわいい(^^♪。

こちらもまた、感動の美味しさでした。

しっとりと密度のあるスポンジに、ほどよい甘酸っぱさのラズベリージャム。

今までにいただいたヴィクトリアサンドイッチのなかで、いちばん好きかもしれません(^^♪。

私もこういう風に焼けるようになりたいな…。

紅茶は、ブラックですっきりいただけると勧めてくださった「アッサム マサラチャイ」を試してみました。

ティーバッグ1つから買うことができるのがうれしいです。

強すぎない優しい風味で、とても好きなタイプ。

店主のお墨付きですので、当然ながら今日のお菓子にはぴったりです(^^♪。

ラベルをみると「輸入者:紅茶倶楽部リトルポット」とのこと。

なじみのない名前だったのですが、ウェブサイトを拝見すると、かなりこだわりの感じられる品揃え…。

他のお茶もいただいてみたくなりました。

わが家から Marguerite Tea+Cakes. までは、車で30分ほど。

こんなに素敵なお店がちかくにあったのに、今まで気づかなかったなんて…。

初めてお目にかかったaccoさんは、お菓子と同じように、おだやかな優しい雰囲気の方でした。

残りのお菓子も、いただくのが楽しみです(^^♪。