If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

お皿の上のイングリッシュガーデン

昨日、帝国ホテルの “イングリッシュガーデン” アフタヌーンティーをいただいてきました。

実は、生まれてはじめてのソロ・アフタヌーンティーでした。

長年の友人がご主人の転勤で遠くにお引越ししてしまい(コロナ禍の最中に…)、気軽に誘い合える人がいなくなってしまったのです。

好きなものが似ていた彼女とはアフタヌーンティーも数えきれないほどご一緒しましたが、中でも私たちのお気に入りは帝国ホテルの英国フェア。

今年のテーマは「イングリッシュガーデン」と知ったらどうしても行きたくなって、思い切って一人で…。

考えてみたら、アフタヌーンティーは去年の夏以来。

帝国ホテルも久しぶりでした。

すこし緊張しながらロビーに足を踏み入れたのですが、変わらない雰囲気に、ほっ…。

17階のラウンジ・アクアへ向かいます。

英国フェアということで、アンティークの銀器やティーセットの展示も。

これは、フルーツ用のお皿とスプーン。素敵ですね…。

お席は、リクエスト通り、皇居側の窓際に用意してくださいました(^^♪。

今回のアフタヌーンティーの簡単な説明を伺って、まずはウェルカムティー。

ウエッジウッドのオリジナルティーとのこと。やわらかな甘い香りで美味しいです。

いつも思うのですが、帝国ホテルのスタッフの方々って、ほんとうに感じがよいですね。

丁寧だけれど丁寧すぎず、温かみのあるフレンドリーな対応。

おかげさまで、ひとりでもすっかりくつろがせていただきました(^^♪。

しばらくして、スリーティアーズの登場。

詳しいメニューは次のとおりです▼

“イングリッシュガーデン”アフタヌーンティー

【デザート】
・マカロン ローズ
・ジンジャーレモンとチャイのムース
・マロン ミラー

【セイボリー】
・牛肉とポテトのコテージパイ
・スコティッシュスモークサーモンを華やかに
・キャロットケークサレ スティルトンチーズのクリーム
・和牛バラ肉のビール煮込み ヨークシャプディングにのせて
・ローストビーフ/キュウリ/チェダーチーズのイングリッシュマフィン

【スコーン】
・プレーン(蓼科高原バラクライングリッシュガーデン特製スコーン)
・アールグレイ

~帝国ホテル 東京 ウェブサイトより~

では、セイボリーから…。

英国らしいお料理が、軽く上品にアレンジされています。どれもさすがの美味しさ(^^♪。

とりわけ好きだったのは、2段目の、コテージパイとサーモン。

スコーンは、特にプレーンの方がもっちりとして好みでした。

今回の英国フェアは、蓼科高原のバラクライングリッシュガーデンとのコラボレーションということで、こちらのスコーンはバラクラ特製だそうです。

そしていよいよ、お待ちかねの…。

お皿の上の、イングリッシュガーデン(^^♪。

帝国ホテルも、ついにここまで来ましたか…。

(ごめんなさい! だって以前は、ビジュアル面はあまり…)

2人分だとさらに素敵なのでしょうけれど、もちろん1人分でも、思わず微笑んでしまう愛らしさ。

あちらからもこちらからも、眺めました。

銀箔で鏡を表現したという「マロンミラー」や、ユニオンジャック柄の「ジンジャーレモンとチャイのムース」。

マカロンにもタータンチェックが(^^♪。

抹茶のガナッシュでできた芝生やチョコレートの柵、土台のクッキーまで、のこさず美味しくいただきました。

ランチ抜きで挑んだのですが、さすがにお腹いっぱい(^^;)。

お茶は、最初に「インペリアルブレンドティー」、それから、ハーブティーの「ママン」を。

私は、このママンの大ファンなのです。

バラ、ナナミント、菩提樹がブレンドされているとのことで、ものすごく好きな香りです。

帝国ホテルのオリジナルなのだそうですが、茶葉が販売されていないのがほんとうに残念…。

最後にゆっくりいただくと、お口がすっきりとして、とても満たされた気分になりました。

今回の “イングリッシュガーデン” アフタヌーンティー、コンセプトもビジュアルも、もちろんお味も最高でした(^^♪。

そして、帝国ホテルのゆったりした雰囲気と美しい眺め、親切でチャーミングなスタッフの方々のおかげで、一人でも心からくつろぐことができました。

新しいたのしみを、見つけてしまったかも…。