If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

春の貴賓館で、アフタヌーンティー

3月下旬、桜がほころびはじめた頃のこと。

「グランドプリンス高輪の貴賓館で、スリーティアーズ監修のアフタヌーンティーをいただく」という、素敵なイベントに参加しました。

それはそれは夢のようなひとときではあったのですが……。

行ってみたい…でもとにかく予約がとれない、スリーティアーズ。

先日、英国展会場でアフタヌーンティーをいただいてから、ますます憧れを募らせていた折しも。

▼このような告知を見つけました!

Three Tiers

ようやく春らしさを感じるようになってきました。桜の季節も間近! ということで、グランドプリンスホテル高輪貴賓館……

すでに開催日直前でしたが、空席あり。

お値段をみてどきどきしつつ、瞬時に予約を済ませた私です。

2日後、いつもよりおしゃれをして、グランドプリンスホテル高輪へ(^^♪。

庭園の桜は、三分咲きほどでした。

茶道を習っていた頃、よくお茶会で訪れていたお庭。何年振りでしょうか…。

時間になりましたので、貴賓館へ。

旧竹田宮邸として100年以上前に建てられたという、由緒ある建物です。

詳しくは▼

【公式】高輪 貴賓館 ウエディングページ

都心とは思えない広大な庭園に位置する「貴賓館」 おふたりがご婚約されたその時からご家族としての歴史がはじまります 家族の…

まるでバトラーのようなスタッフの方に案内していただいて、館内へ。

ステンドグラスを鑑賞しつつ、クラシカルな階段を上がり…。

こちらは待合室。なんて優雅でかわいらしいのでしょう(^^♪。

バルコニーからの眺め…。

アフタヌーンティーは、こちらのお部屋「麝香」で。

愛らしく上品な装飾に、うっとり…。

私は1人でしたので、同じく1人で参加した方々との4人席でした。

ナプキンには桜の枝が。華奢なカトラリーも素敵…。

まずはポメリーのロゼ…だったのですが、お酒がいただけない私は、エルダーフラワーと苺(かな?)のノンアルコールカクテル。

スリーティアーズオーナーの新宅氏や、一ノ木シェフ、グランドプリンス高輪のシェフパティシエの方からご挨拶があり…。

いよいよ(^^♪。

なんとも端正でクラシカルな感じ。好きだわ…。

メニューを転記させていただきました▼

スリーティアーズ監修
貴賓館 アフタヌーンティー
~桜に包まれて~

  • Tea
    ポメリー ブリュット ロゼ
    ニルギリ・ウィンター(カイルベッタ茶園)

    スリーティアーズオリジナルブレンド
    アッサム・セカンドフラッシュ
    ストロベリー&ルイボス
    ロイヤルウェディング(カメリアズティー)
  • 1st TIER
    スコティッシュスモークサーモンのサンドウィッチ
    コロネーションチキンのサンドウィッチ
    スティルトンチーズとほうれん草のキッシュ
    ローストビーフのオープンサンド
  • 2nd TIER
    プレーンスコーン

    オレンジ&クランブルスコーン
    ミックスベリージャム
    自家製クロテッドクリーム
  • 3rd TIER
    シャンパンムース
    エルダーフラワー&ローズのパウンド
    チョコレートケーキ
    ローズマカロン
  • グラス
    イートンメス
  • 季節のプディング
    チェリーソテーの桜アイス添え
  • プチフール
    ショートブレッド
    パート ド フリュイ

どれも美味しいことは間違いないのですが、特に印象的だったものを書き留めますと…。

Tea では、何といっても冬摘みのニルギリ。今シーズン初めて、新茶をいただきました。

先日の英国展で感動したカメリアズの「ロイヤルウェディング」も、やはり好きなことを再確認(^^♪。

1st Tier では、スティルトンチーズとほうれん草のキッシュ。

気品あるティーウエアも素敵でした。特注品なのでしょうか?

2nd Tier では、オレンジ&クランブルスコーン。

スコーンは、大切そうにクロスに包まれて。

温かくはなかったものの、やはり焼きたては違う…と感動しました。

そして、洗練されたお味のイートンメス。

フルーツ、クリーム、メレンゲのバランスが最高で、私のなかでは、この日のNo.1(^^♪。

…と。

実はこの辺りからお腹がいっぱいになり、味わう余裕がなくなってきました(^^;)。

3rd Tier では、シャンパンムースと、

エルダーフラワー&ローズのパウンドケーキが、とくに好き…だった気がします(^^;)。

シェフが目の前でフランベして下さったチェリーソテーや、最後のプチフールまで、堪能したかったけれど…。

こういうときだけ(いつもでは困るので)大きくなる胃が欲しい!と切に思いました。

そして…。

お腹がくるしくなるにつれ、なぜか気分も停滞…。

「こんなに素敵な機会はなかなかないのよ、もっと愉しんで!」と自分を励ましてはみたものの。

お開きになったとき、思わずほっとしてしまった私。

どうして…?

夕暮れにいっそう雰囲気を増した貴賓館を、しゅんとした気持ちで後にしたのでした。

家に帰って、考えてみました。

このところ、ソロ・アフタヌーンティーにすっかり魅了されている私。

日常から少し離れた美しい空間で、美味しいお茶やお菓子をゆったり静かにいただくひととき…。

心がうるおい、満たされるのを感じます。

でも今回は…。むしろストレスが。

紅茶もお菓子も、貴賓館という舞台も素晴らしかったのに、なぜ?

  • 一つには、見知らぬ3人の方々との相席で、気疲れしてしまいました。

パーティションがあるとはいえおしゃべりするのは憚られ、皆さん黙々と。
何だか、よく知らない方の結婚披露宴に出席しているような。
予約のときに相席という注意書きはあり、わかってはいたのですが…。
これが一番の理由だと思います。

  • もう一つは、今回のアフタヌーンティーが「イベント」だったこと。

新宅さんやシェフのお話、デモンストレーションなど、楽しかったのです。
でも何だか、落ち着かなくて…。
貴賓館の雰囲気がほんとうに素敵でしたので、それを静かに味わいたかった…かもしれません。
ごめんなさい。

我ながら…。このひ弱で柔軟性のない性格が嫌になりますが、仕方ありません。

憧れのスリーティアーズの、この上なく素敵なアフタヌーンティーだったというのに…。

残念ながら、私には少し難易度が高かったようです。

誰かと一緒だったら、もっと愉しめたのかな…と思います。

最後になりましたが、お土産にいただいたプリンスホテルのチョコレート。

後日いただきましたら、とても美味しかったです(^^♪。

ごちそうさまでした。

せっかくのおもてなしに応えられなかった不肖の客を、どうかお許しくださいませ…。

 

「ミニ・イベント」なら、大丈夫みたいです(^^;)▼

あわせてどうぞ

日本橋三越の英国展、銀座三越のスコーンパーティー、そして今度は伊勢丹。 あまりにも続きすぎでは?...とつぶやきつつも、ウェブサイトをチェックしていましたら...。 [blogcard url=https://www.misto[…]

あわせてどうぞ

クリームティーをいただきながら、レトロなロンドンバスで都心をクルージング...という素敵なミニツアーに参加してまいりました(^^♪。 先日、1月の三越英国展の情報がそろそろ何かあるかしら...などと Web検索していたら(それ[…]

いつでも安心できる場所…▼

あわせてどうぞ

先週に続いて、またロッシニテラスに行ってしまいました。 今回のお目当ては、はじまったばかりのクリスマスアフタヌーンティー。 このところ「ソロ活」にめざめている私ですので、ひとりでゆっくり楽しんでまいりました(^^♪。 […]

あわせてどうぞ

帝国ホテルの “イングリッシュガーデン” アフタヌーンティーをいただいてきました。 実は、生まれてはじめてのソロ・アフタヌーンティーでした。 長年の友人がご主人の転勤で遠くにお引越ししてしまい(コロナ禍の最中に...)、気軽に誘[…]