If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

ティークラブ「茶園へのいざない」@マリアージュフレール

先日、マリアージュ フレールのティークラブに参加しました。

今回のテーマは「茶園へのいざない/グランクリュ 茶園の研究」。

果てしなく広がるお茶の世界にいざなわれて、いつのまにか遠くに旅して…。

迷宮に、入ってしまったかしら…?

会場は、銀座本店3階のサロンドテ。

どんなお茶がいただけるのでしょう。わくわく…。

まずは講師の方から「世界の茶園から届いたお茶を、旅するような気分で味わってください」という素敵なご挨拶。

まるで添乗員さんのように、元気で明るい方でした(^^♪。

そして、この旅の「ガイドブック」は、おなじみのティーリストなのですって。

トレードマークに注目してくださいと言われてよく見ると…。

マリアージュが創業当初から扱ってきた、CHINE(中国)、INDE(インド)、CEYLAN(セイロン;スリランカ)、FORMOSE(フォルモサ;台湾)が記されているのですね。

これら4か国の茶園をめぐる旅に、出発…!

テイスティングさせていただいたのは、こちらの5種類のお茶(念のため、凡例も)。

  • 国(地域)/分類/銘柄名
  • インド(アルナチャル ブラディッシュ)/紅茶/「ドーニイ ポロ ゴールデン」
  • 中国(雲南)/緑茶/「スノー ブロッサム」
  • 台湾/青茶/「オリエンタル ビューティ」
  • 中国(福建)/青茶「ティ クワン イン(鉄観音)モンキー キング」
  • スリランカ(ウバ)/紅茶/「ブラック ウッド OP1」

さすがは、マリアージュ。

インド代表が、ダージリンでもアッサムでもなく「アルナチャル ブラディッシュ」…。

え? あるなちゃる?? どこ???

と、目をぱちぱちさせながらのスタートでした(^^;)。

でも、テイスティングって、とっても楽しい(^^♪。

茶葉をみて、香りを確かめて、お茶をじっくり味わい…。

その香りや味わいを、自分の記憶の中にある「何か」に結びつけるという作業。

花、果物、樹木、樹液、スパイス、さらには海や大地…。

じーっと目を閉じて探していると、思いがけない印象がぽっと浮かんだり。

我を忘れて、没頭してしまいました。

茶葉 + 発酵によって、こんなに多彩な風味が生まれるなんて。

果てしなさすぎて、めまいがしてきました。

お茶に酔ってしまいそうになったところで、お食事タイムになりました(^^♪。

「スノッブサラダ」と…

私はメインにお魚をえらびましたので、帆立のソテーでした。

こちらのソースには、パリ・トーキョー(春摘みダージリンに、柚子の香り)が使われているとのこと。

とても美味しかったです(^^♪。

このときにいただいていたお茶は、「ティ クワン イン(鉄観音)モンキー キング」。

金木犀や柑橘を思わせるすっきりとした風味で、この日のお茶の中で、いちばん好きでした。

一緒にいただくと、お料理もお茶もぐっと洗練されたお味に…!

そして最後に、ウバの「ブラックウッド」とともに…

ずっとシャリオのなかで存在感を放っていたデザートを(^^♪。

私はモンブランをいただきました。

マルコポーロで香りづけされているとのことで、すばらしい美味しさ!

カカオのような風味の、ウバらしからぬウバに、ぴったりでした。

こうして、あっという間に時間がたって。

4か国・5茶園をめぐる旅から、無事に帰ってまいりました(^^♪。

お茶の風味を探しあてるために、さまよって…。

確かに、どこか遠くへ行ってきたような、不思議な、とても楽しいひとときでした。

ただ…。

思い切って告白しますね。

今回いただいたお茶、どれもとびきり上質で、貴重なものなのでしょうけれど…。

素直に心から「美味しい!」と思えるものは、なかったのです。

一番好きだったのは「ティ クワン イン(鉄観音)」でしたが、ぜひまたいただきたいかというと?

例えばダージリンの春摘みや夏摘みをいただいた時のように、うっとり…というお茶には出会えませんでした。

私には、良さがわからないということなのかなぁ…。

少し自信喪失してしまいました(^^;)。

 

もう一度行きたいくらい、楽しかったです▼

tea-w-fairies.com

マリアージュフレール銀座本店は、今年、25周年になるのだそうです。 それを記念して新設された、これまでとは少し違う形式のティークラブ 「アトリエ アールグレイ」に参加しました。 ここ数年、ご無沙汰気味だったマリアージュフ[…]