If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

「英国王室が愛した花々」展へ行きました

東京都庭園美術館で開催されている「キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート」へ行ってまいりました。
キューガーデンの貴重なボタニカルアートコレクションや、シャーロット王妃が愛したウェッジウッドのクイーンズウェアなどを、庭園美術館の素敵な雰囲気のなかで楽しめる…というなんとも魅力的な展覧会(^^♪。
公式サイトから予約をして、久しぶりに庭園美術館へうかがいました。
1933年に朝香宮邸として建てられた本館。
フランスに2年余り滞在された朝香宮鳩彦王のご趣味を反映した、アールデコ様式。
ルネ・ラリックなどの作品が随所に残る貴重な建物で、国の重要文化財になっているそうです。
玄関の内扉は、ラリックがこの邸のためにデザインしたものだとか。綺麗…。
展覧会中は館内の写真撮影はできないようですが、シャンデリアをはじめ内装のデザインが隅々まで素敵です。
こちらは撮影OKだった2階のベランダ。
こんなお家に住んでみたいな…。
もちろん、展覧会もとても良かったです(^^♪。
ボタニカルアートはもともと好きなのですが、英国王立植物園「キューガーデン」の成り立ちや、その発展に尽力したシャーロット王妃のことなど、歴史的背景をたどる展示を興味深く拝見しました。
なかでも、17世紀に描かれたというカーネーションのボタニカルアートが印象に残りました。
絵の緻密さ・美しさもさることながら、今とほぼ同じようにみえるカーネーション(しかも絞り模様のものも)が、400年も前から栽培されていたことに感動…。

そして、カーネーションって「ナデシコ科」だったのね、と初めて認識した私です。

描かれた姿をみると確かに撫子…!

今まであまり気に留めていなかったカーネーションが、急に魅力的なお花に思えてきました。

▼展覧会の公式サイトにも紹介されている絵です▼

キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート

東京都庭園美術館 2021年9月18日(土)-11月28日(日)…

シャーロット王妃ゆかりのウェッジウッドの「クイーンズウェア」など、陶磁器の展示も楽しかったです。

ころんとした白いティーポットがすごくかわいくて、心惹かれました。

復刻版があったらほしいなぁ…(^^♪。

ゆっくりと鑑賞したあとは、カフェでひと息。

テラス席で心地よい風に吹かれながら…。

ダージリン(マランガム茶園のSFでした)と抹茶のムース、どちらも美味しかったです。

最後に、広い美しいお庭を愛でつつ、出口へ。

ほんのりと紅葉も。

余韻にひたりつつ、幸せな気持ちで家路につきました(^^♪。

本日のお土産です。

ミュージアムショップでひとめぼれしたキューガーデンのショッピングバッグと、エッセンシャルオイルとハーブティー。

オイルとハーブティーは、キューガーデンとカリス成城の提携商品とのことでした。

帰り道のお花屋さんでは、さっそくカーネーションを(^^♪。

綺麗なもの、素敵なものをたくさんみて、心が満たされた一日でした。

基本的に家にいるのが好きなので、コロナ禍の外出自粛も苦にならなかった私ですが…。

こうして好きな場所に出かけて、刺激や癒しを感じることができるのは、やはり素晴らしいことですね。