If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

新緑の椿山荘で「Premium 宇治茶アフタヌーンティー」

椿山荘の「Premium 宇治茶アフタヌーンティー」をいただいてきました。

広い庭園は、みずみずしい新緑の季節。

美しい緑を眺めながら、緑いっぱいのアフタヌーンティーを愉しみました(^^♪。

椿山荘といいますと…。

秘書時代、蛍の時季(今頃ですね)よく会食をアレンジしたことを思い出します。

下見などで何度か訪れたことはあるのですが、アフタヌーンティーをいただくのは初めてなのです。

少し早く着きましたので、お庭を散策。

蛍の住む沢ですね。

緑がしたたるよう…。

フィトンチッドをたくさん浴びて、全身が浄化された気分です(^^♪。

そろそろ時間になりました。

アフタヌーンティーは、ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」で。

窓際の素敵なお席でした。

ウェルカムティーは、宇治の新茶。

若々しく力強い味わいです。

ワイングラスでいただくと、香りだちが華やかですね。真似してみよう…。

すぐにスリーティアーズもやってきました。

メニューはこちら。

 

プレミアム宇治茶 アフタヌーンティー

1860年創業のお茶の老舗、京都・宇治の「辻利兵衛本店」とコラボレーションした期間限定のアフタヌーンティー。

  • 1st Tier
    ・鶏とごぼうのサンドウィッチ
    ・抹茶のフレンチトーストとシュリンプカクテル
    ・スモークサーモンと紫キャベツのトルティーヤロール
    ・フォアグラムースのプチエクレア
  • 2nd Tier
    スコーン3種(クロテッドクリーム、オレンジクロテッドクリーム、煎茶ジャム)
    ・プレーンスコーン
    ・焙じ茶とホワイトチョコレートスコーン
    ・宇治抹茶とレーズンスコーン
  • 3rd Tier
    ・宇治抹茶プリンと練乳クリーム
    ・焙じ茶ショコラ
    ・抹茶と栗のケーク
    ・抹茶ケーク

ホテル椿山荘東京 ウェブサイトより
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/restaurant/plan/ujichaafternoontea2022/

わくわくしつつ、1st Tier からスタートしたのですが…。

ごめんなさい。

セイボリーは、全体的にあまり好きではありませんでした(^^;)。

クセのない、優しいお味だったと思うのですが、なぜだか。

ただ、私はかなり偏食ですので…。

レストランでプリフィックスだと、食べられるものがないなどということもあります。

アフタヌーンティーの場合は、サイズも小さいですし、軽いものが多いので、それ程でもないのですが…。

ですので、普通の方だったら、きっと美味しく召し上がれたことと思います!

さらに、最初のお茶選びにも失敗してしまいました。

ハーブの入ったアイスティーをお願いしたのですが、とても苦手な風味で…。

そのせいもあったかもしれません。

…ということで、滑り出しは不調でしたが、気をとり直して、2nd Tier のスコーンへ。

すると打って変わって、どれもとーっても美味しかったのです(^^♪。

こちらは「焙じ茶とホワイトチョコレートスコーン」。

こういうスコーンって初めてでしたが、ほうじ茶の香ばしさにホワイトチョコレートが良く合っていました。

クリームとジャムのセットもとても素敵。

クロテッドクリームは、プレーンとオレンジピール入りの、2種類。そして緑茶のジャム!

量がたっぷりあるところも良いですね(^^♪。

「宇治抹茶とレーズン」のスコーンに、オレンジのクロテッドクリームと緑茶ジャムをのせて…。

緑茶とオレンジって、合うんですねぇ。

この組合せ、すっかり気に入ってしまいました。

リッチなお味のプレーンも、とても美味しかったです。

後で知ったのですが、椿山荘のスコーン、とても定評があるのですね。

Amazon でレシピブックを見つけたので、さっそく注文してしまいました。

紅茶は、キャッスルトン茶園のセカンドフラッシュに変更(^^;)。

安定の美味しさ。

やはりこれだわ…とほっとしました。

そして、3rd Tier。

当然ながら、お茶スイーツ尽くしです(^^♪。

特に好きだったのは、こちら。

「宇治抹茶プリンと練乳クリーム」です。

まったりとした抹茶プリンに、ミルキーなクリーム。

美味しいに決まっている組み合わせですが、これは極上のお味(^^♪。

コラボレートしている、宇治の「辻利兵衛本店」のマークもちょこんと。

ホテル名にちなんだ限定抹茶「椿の白」を用いた「宇治抹茶プリンと練乳クリーム」は、新緑まばゆい庭園に浮かぶ東京雲海をイメージしたグラススイーツ。

ホテル椿山荘東京 ウェブサイトより

「辻利兵衛本店」のウェブサイトをみましたら、いろいろなところにお店があるのですね。

スイーツもいただけるようなので、ぜひうかがいたいと思います(^^♪。

辻利兵衛本店 オフィシャルサイト▼
http://www.tsujirihei.co.jp/

最後に「宇治抹茶入り玄米茶」を。

玄米茶といっても、私がいつもいただいているような軽い風味ではなく、まるでエスプレッソのようにキリっと。

甘くなっていたお口のなかを、すっきりと清めてくれました。

初めていただいた、椿山荘のアフタヌーンティー。

セイボリーではやや躓いてしまいましたが、スコーンとスイーツはとても美味しく…。

素敵なインテリアと、瑞々しい木々の緑、そしてお皿の上のさわやかな緑を満喫しました。

実家にあるのと同じ、ノリタケのティーセットにも和みました(^^♪。

椿山荘は、日本のホテルアフタヌーンティーの草分けなのだそうですね。

次はぜひ、王道なメニューをいただいてみたいです。