If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

りんごの日々 ①|懐かしいコンポート

りんごの季節ですね。

生でも、煮ても、焼いても、お菓子に入れても美味しくて、置いておくだけでもかわいいりんご。大好きです(^^♪。

とはいえ。2人暮らしで、しかも夫はほとんど果物を食べない家庭にこれだけあると…。

自分で買った紅玉とシナノスイート、母からもらったトキや秋映、名前のわからないりんごなど、計9個。フカフカになる前に何とか美味しくいただかなければ…。

つたないお菓子作りの腕と、信頼するレシピ本、ウェブ検索を総動員して、りんごのお菓子を作り続ける日々、今日からはじめます!

りんごの白ワインコンポート

りんごがたくさんあるとき。まずは何といっても、コンポートですよね。

りんごに限らず果物のコンポートが大好きな私。これならレシピ本に頼らず作ることができます。

名前のわからない黄色い大きなりんごで作りました。白ワイン、グラニュー糖、レモンの皮と果汁に少しお水を足して好みの味にし、りんごを入れてしばらく煮たら完成(^^♪。

そしてコンポートには欠かせない(と個人的に思っている)カスタード。こちらは自信がないので、安田真理子さんの「おうちでつくるイギリス菓子」p.118 のレシピです。バニラビーンズがあったので、1/2本くらい入れました。

出来上がったらすぐ、どちらも温かいうちに、紅茶を淹れてティータイム…。

ワインがほんのり香る、甘酸っぱいやわらかなりんご。コーンスターチで作った、懐かしい味のとろとろのカスタード。心もお腹もそっと癒してくれるような、優しい味でした。

紅茶は、カスタードに使ったバニラビーンズのさやを少し、お気に入りのキャンディ(ケニルワース茶園 2020年3月OP1・ChaTea)と一緒にポットに入れて、バニラティーに。

市販のフレーバードティーは、アールグレイの他はあまり飲まないのですが、このリサイクル?バニラティーは、やわらかい風味が気に入っています。

りんごのお菓子、1日め。

幼いころ母が作ってくれたおやつがあれこれ思い浮かんで、ノスタルジックなお茶の時間になりました。

残り8個。明日は何を作りましょうか…(^^♪。