If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

禁断の美味しさ! イヴズ プディング

朝から、冷たい小雨が降ったりやんだり…。

温かいお菓子が恋しくなって、レシピブックをぱらぱら。前から気になっていた Eve’s Pudding に初挑戦してみました。

途中、これでいいの?…と少し心配しながら作りましたが、美味し~いプディングができました(^^♪。

バターケーキの下に、禁断の果実が…

焼き上がりを上から見ると、シンプルなバターケーキ風。

でも、スプーンですくってみると…下には禁断の果実が。とろりと煮えたりんごが隠れています!

レシピは今日も、安田真理子さん「おうちでつくるイギリス菓子」から。

作り方はシンプルです。

お砂糖・レモン汁・シナモンを入れてさっと煮たりんご(今日は紅玉)を器に入れ、その上に、バターケーキの生地(バター・お砂糖・卵・小麦粉が同量)を乗せて、オーブンで焼いたら、出来上がり。

14㎝のル・クルーゼに、レシピの半量がちょうど入りました。

最初にりんごを煮たところで水分がかなり出てきて、え?この上に生地を乗せていいの?と不安になったのですが…大丈夫、ちゃんと焼き上がりました(^^♪。

焼きたてに、温かいカスタードソースを

寒い季節なら温かいカスタードソースを添えていただくのがおすすめです。
~「おうちでつくるイギリス菓子」より

ということなので…。

これは確かに…禁断の美味しさ。そして、初めて味わう美味しさかもしれません。

りんごのコンポート + カスタードだったら、いつも作っている大好物です。でも、その上にバターケーキを乗せてしまうなんて。

焼きたてのカリカリのアーモンドとしっとりしたケーキ、甘酸っぱいりんご、そしてとろとろのカスタード。三位一体…ならぬ、四位一体?の美味しさに、目からうろこが落ちました。

英国菓子、おそるべし!

F&M カウンテスグレイで、すっきりと

寒くなると、がぜん美味しくなる F&M の紅茶。

日本での販売も始まり、残りを気にせずいただけるようになった(^^;)、カウンテスグレイを淹れました。

ほんのり甘さのある優しい柑橘の香りが大好きです。

同じ F&M のアールグレイクラシックはミルクティーにすることが多いのですが、カウンテスグレイは、そのままで。バターやカスタードのお菓子を、すっきりといただけます。

寒そうな灰色の空を眺めながら、暖かいお部屋の中で、温かいプディングと紅茶…。幸せなひとときでした。

それにしても、りんごを下に秘めた美味しいプディングの名前が “Eve’s Pudding” だなんて…何て楽しい!

その名の通り、絶妙な取り合わせで飽きさせず、つい後を引いてしまう…危険なお菓子でした(^^♪。