If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

ル レクチエのコンポートと、次の日のタルト

大好きなフルーツなのに、ずっと間違えていました。

「ル・レクチェ」ではなく「ル レクチエ」(Le Lectier)が正しい呼び方だったんですね!

包み紙をよく見たら…確かに。

主産地である新潟県において「ル レクチエ」という名称で統一することが決められているが、「ル・レクチェ」などと小さい「ェ」や中黒区切りの表記もしばしば見られる。(Wikipedia)

失礼いたしました。

その大好きなル レクチエで、コンポートと、コンポートを使ったタルトを作りました(^^♪。

温かいコンポートに、カスタードを添えて

追熟がすすんで、より香りが立ってきたル レクチエ。コンポートにはちょうど良さそうです。

白ワインとお砂糖、レモンで味を調えて、弱火で15分ほど。余熱でしばらく置いたら、できあがり。

ホイップクリームやアイスクリームを添えても良いけれど、冬はやはり、温かいコンポート+温かいカスタードが気分です。

先日作ったクランブルを、少しだけ、アクセントに。

香り高いなめらかなル レクチエと、とろとろのカスタード、カリッとしたクランブルとアーモンド。

心も癒してくれそうな、優しいお味でした。

マーガレッツホープの Moonlight で、どこまでも優しく

紅茶は、マーガレッツホープ茶園の夏摘み(DJ135 Moonlight/ChaTeaです。

甘くフルーティーな香りと、優しく広がる余韻に、うっとり…。

春摘みを思わせる繊細さですが、奥行きのある優雅な風味は、やはり夏摘みのもの。

コンポートをいただいてから、しみじみと味わいました。

次の日のお楽しみ…アーモンドクリームのタルト

コンポートを作ったら、次の日のお楽しみはタルト(^^♪。

フラン風も好きですが、今回はアーモンドクリームたっぷりで作りました(賞味期限近いアーモンドパウダーを使いたいという事情もあり)。

一応、ショートクラストペストリーは、薄く上手にできたのです。

でも、たっぷり過ぎたアーモンドクリームがふくらんで、上からはペストリーがまったく見えず…。かなり不格好になってしまったので、ホールの写真は省きます(^^;)。

お味はとっても美味しかったですよ!

ル レクチエ、今年も美味しくいただくことができて、ほっと一安心(?)。

いつも季節に追われてあせっている、食いしん坊な私です。