If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

ひとりささやかに、口切りのお茶を

昨日は、母の用事で実家へ。庭の侘助椿がたくさん咲いていました。可憐な薄紅色の花が時雨に濡れて、とてもきれい…。

用事をすませた後、届いたばかりという柳桜園の抹茶で、久しぶりに薄茶をいただきました。

コロナウィルスを心配して、それぞれ自服。マスクをかけても、ゆっくりおしゃべりをするのは憚られ…。

私の分も買っておいてくれた抹茶と、庭の侘助を少しもらって、早々に帰ってきました。

柳桜園「炉開き抹茶」

11月は、茶道では「炉開き」の季節。同時に、茶壷に封印して寝かせていた今年の新茶を、初めて封を切って使う「口切り」の季節でもあります。

20年近くお世話になった表千家流の先生のお宅では(母と私の共通の恩師なのです!)毎年11月には炉開きの茶事をして下さいました。初釜と同じくらい、晴れやかな気持ちで伺ったのを覚えています。

先生がご高齢で引退され、私も茶道からは遠ざかってしまったのですが、お稽古でなじんだ柳桜園の抹茶は、ときどき母が取り寄せておいてくれます。

今回も(^^♪。

封を開けたとたんに、ふわっと広がる甘いふくよかな香り。口切りの「新茶」の香りです。

濃茶にふさわしい上質な抹茶ですが、母も私も、いつもお薄でいただきます。

せっかくの美味しいお茶、一緒にもっとゆっくり味わいたかったけれど…。今は仕方ないですね。

いつもより丁寧に点てて、ひとり静かにいただきました。

My・ご自服セット

自宅では、常に「ご自服(自分で点てて、自分でいただく)」なわけですが…。亭主とお客様の1人2役ですから、結構いそがしい(^^;)。

途中であたふたしないように、簡単に準備をしておきます。

抹茶をふるってから、1服分ずつ小分けしておくと便利。

用意ができたところで、まずはお菓子を(^^♪。

オレンジ風味の黄身しぐれ

昨日が時雨ていたから…というわけではないけれど、寒くなると思い出す「黄身しぐれ」を作ってみました。

レシピは、かなり前に出版された、金塚晴子さんの「ほーむめいど和菓子」から。

中に「あん」が入らず、全部が黄身しぐれでオレンジピール入り。美味しい上に作るのも簡単、という素敵なレシピです。

久しぶりなので、何だか加減が…。うまくできたかしら?

蒸し時間が少し短かったかもしれませんが…。

オレンジの良い香りがして、ふんわりほっくり。とても美味しいです(^^♪。

口のなかが甘くなったところで。

まろやかで優しい、口切りのお茶

お薄を点てて…。

思わず、肩の力が抜けてふぅ~と息をつきたくなるような、優しいまろやかな風味。しみじみ、美味しいなぁ…と思います。

柳桜園のお茶は、もともと繊細な柔らかい風味が特徴ですが、このお茶はほんとうに格別。

初夏に摘んだ新茶を、壺のなかで秋まで寝かせる、という古の茶人の知恵に脱帽します。

日本に生まれたことを、神様に感謝したくなるようなひとときでした。

なぜか年々、抹茶や玉露の「まったりした強い旨味」が苦手になってきました。

でも柳桜園がある限り、おばあさんになっても、お薄はいただけるかな…(^^♪。