If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

りんごジャムあれこれ

いよいよ、りんごシーズンたけなわですね。

ブラムリーに続きまして、3種類のりんごが我が家に集合しました(^^♪。

ジャムをつくってみたら、予想以上に個性たっぷり!

りんごジャムといえば何といっても紅玉、と信じていた私ですが…。

ブラムリーがあまりに美味しかったので、他のりんごも試してみたくなりました。

紅玉、グラニースミス、コックスオレンジピピンの3種類で、ジャム三昧を企てました(^^♪。

生でかじってみると、紅玉とコックスは、よく似たポクッとした食感。

グラニースミスはシャキシャキとして、そのままでも美味しいです。

3つとも酸味はあるものの、ブラムリーにくらべると穏やかですね。

それぞれ、1cm角くらいに切って、25%の重さのお砂糖でジャムにしてみました。

紅玉

アメリカからやってきて、明治時代から日本で栽培されているという、おなじみさん。

ジャムやお菓子にすると抜群においしくて、大好きです。毎年シーズンを心待ちにしています(^^♪。

いつものように、むいた皮を一緒に煮て、ピンク色のジャムに。しんなり&とろっと煮えました。

グラニースミス

オーストラリアで、マリア・アン・スミスさんという女性(スミスおばあちゃん)によって発見されたのだとか。

さわやかな酸味で、アップルパイに最適とされているそうです。アップルパイ屋さんの名前にもなっていますね!

今回は、OISIXで購入したニュージーランド産。

ほとんど煮崩れず、シャキッと透明感のある仕上がりです。

コックスオレンジピピン(Cox’s Orange Pippin)

岩手県の「サンファーム」から送っていただきました。

1800年代、イギリスの園芸家コックス氏が作出したとされる品種で、イギリスでは「世界一おいしいりんご」と言われているそうです。

Orange Pippin(オレンジ色のりんご)という通り、オレンジがかったまだらな果皮が印象的。

子供の頃、ファージョンの童話(といってよいのかしら)が大好きだった私は、「リンゴ畑のマーティン・ピピン」を思い出しました(^^♪。

生でいただく「イーティングアップル」に分類されるようなのですが、ぽくぽくした粉っぽい歯ざわりで、加熱した方が美味しそう。

初めてなので、すべてのコックスがこうなのかはわかりませんが…。

煮てみると、紅玉と似た感じで、よりねっとりとしたジャムになりました。

並べてみるとこんな感じ…。

少しだけ残っていたブラムリーのジャムも仲間入り(^^♪。

よく冷やしてから、ショートブレッドに乗せていただきました。

色合いもテクスチャーも、お味も香りも、それぞれ個性的…。

  • 紅玉:とろっときめ細かく優しいお味。どこかミルキーなかわいい香り。
  • グラニースミス:シャキッと軽快で、さわやかな酸味。香りもすっきり。
  • コックス:しっかり甘酸っぱく濃厚。桃やプラムを思わせる甘い香り。
  • ブラムリー:ふわっと柔らかい口あたり。きゅっとした強い酸味と華やかな香り。

表現力がなくて、もどかしいのですが…。

「みんな違って、みんな良い」

どれもとっても美味しかったです(^^♪。

あわせた紅茶は、テイラーズの(去年の)クリスマスティー。

▼先日、発掘しました▼

あわせてどうぞ

残り1つになってしまったブラムリー。 つくりたいものがありすぎて、何にしようか悩んだのですが...。 大好きなクランブルケーキに決めました(^^♪。 レシピは、ステイシー・ウォードさんの「Mornington Cr[…]

ただいま絶賛消費中です(^^;)。

やわらかなスパイスの風味が、肌寒い季節にぴったり。

りんごの香りとほんとうに良く合いますね。

冷たい雨を眺めながら、あたたかいお部屋でぬくぬくと…。

幸せ(^^♪。

実は今日、このブログをはじめてから1周年になりました。

独り言のように気ままに好きなことを書いていたら、いつの間にか、季節がひとめぐり。

つたない文章を読んでくださった皆さまに、心から感謝いたします。

よろしければ、これからもおつきあいくださいね。

 

思えば去年も、りんごに大騒ぎしていました▼

あわせてどうぞ

りんごの季節ですね。 生でも、煮ても、焼いても、お菓子に入れても美味しくて、置いておくだけでもかわいいりんご。大好きです(^^♪。 とはいえ。2人暮らしで、しかも夫はほとんど果物を食べない家庭にこれだけあると...。 […]