If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

オールインワンで作るヴィクトリアスポンジ

ブリティッシュベイクオフの審査員だった Mary Berryさんのレシピを参考に、オールインワンメソッドで、ヴィクトリアスポンジを焼いてみました。

ほんとうにこれで大丈夫??と半信半疑でしたが…。

オールインワンメソッド

参考にしたのは、Mary Berryさんのオフィシャルサイトのレシピです。

ベイキングスプレッドなるものや、セルフレイジングフラワーが使われていますが、油脂・お砂糖・小麦粉・卵が同量の基本の配合。

バター110g、お砂糖110g、小麦粉110g(BP小さじ1)、卵2個で作ることにしました。

ここからが、オールインワンメソッド。材料を一度にボールに入れ…

低速のハンドミキサーで2分ほど混ぜたら、完了。バターはかなり柔らかめにしておいた方が良さそうです。

180℃ のオーブンで25分。ふっくらと焼きあがりました。

ざっくり、英国風スポンジ

先日つくった苺ジャムと、ホイップクリームを挟んで、ヴィクトリアサンドイッチの出来上がり。

スポンジはどんな風でしょうか…。

…美味しい(^^;)。

少しきめが粗いものの、ざっくりとして、より英国菓子らしいとも言えます。

いつもの、一生懸命バターとお砂糖を泡立てて、分離しないように卵を少しずつ加えて、という努力はいったい?

いや、それはそれで、よりしっとりときめ細かいスポンジになっていたとは思いますが、オールインワンでも十分に美味しいヴィクトリアサンドイッチができました。

何だか狐につままれたような気分(^^;)。

ヨークシャーゴールドのミルクティーで

キャッスルトンのセカンドフラッシュを淹れようと思っていたのですが。

ちょっと違うかな…と思い直して、ヨークシャーゴールドのミルクティーにしました。

いつものしっとりしたスポンジなら夏摘みダージリンがぴったりですが、今日のケーキには、コクのあるミルクティーが better かな…。

紅茶を合わせてみて、スポンジの個性を実感しました。

丁寧さが生み出す優しい食感も、手早く作れる素朴な味わいも、それぞれの良さがありますね。

オールインワンメソッド、試してみて、とっても良かったです(^^♪。

ブリテッィシュベイクオフ、 Season8から観はじめた私は、Mary Berryさんが審査員の頃は知らないのです。

どこかで Season1からの再放送 or 配信があるのを心待ちにしています…!