If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

BRITISH CAKE HOUSE の ヴィクトリアサンドイッチ

1月ほど前に開催された伊勢丹の英国展。今年はオンラインストアも充実していてうれしかったのですが….。お会計のときに自分でもびっくりの散財でした(^^;)。

そして忘れたころに。

今朝、ブリティッシュケーキハウスのヴィクトリアサンドイッチが届きました!

憧れのブリティッシュケーキハウス

湯河原にあるブリティッシュケーキハウスは、英国菓子研究家の小澤祐子さんのお菓子教室・ティーサロン。

小関由美さんとの共著「英国アフタヌーンティー&お菓子」は、私の愛読書です。しっとり優しい味に仕上がるレシピはもちろん、さりげなくかわいいお菓子の写真が大好きで、ぱらぱらめくっているだけで癒されます。

その小澤さんのお菓子を、自宅にいながらいただけるなんて…(^^♪。

冷凍で届くというので、どうやっていただくのか少し心配していたのですが、あらかじめ8つにカットされていて、1つずつ解凍できるという、うれしい配慮。

紅茶も少し特別なものを合わせたいな…と思って、秘蔵(する必要は実はもうないのですが)していた F&M のカウンテスグレイを開けました(^^♪。

しっとり繊細なヴィクトリアサンドイッチ

箱に書いてある通り、ケーキを30分室温において。

ひと口で、もう幸せ(^^♪。

しっとりときめ細かく、きゅっと詰まっているのに口どけが良い生地。しっかりめのバタークリームに、ジャムのアクセントが心地よく…。重すぎず軽すぎず、すんなりした優しいお味。さすがですね…。

冷凍のケーキでこんな美味しさが味わえることにも、驚きました。

F&M の カウンテスグレイ

寒くなってくると、なぜか F&M の紅茶が恋しくなります。

特にカウンテスグレイが好きなのですが、これまで日本の正規代理店では扱いがなく、イギリスのお土産などを大事に飲んでいました。うれしいことに、この秋から日本でも販売が始まったようです。

今日のカウンテスグレイは、夏に軽井沢のチェルシーズガーデンで手に入れて、冬に備えてパントリーの奥にしまっておいたもの(熊ですか?)。

ヴィクトリアサンドイッチにはこれしかない…と心の声がきこえました(^^♪。

やっぱり美味しい~。

上品なアールグレイクラシックも好きですが、より華やかな甘い香りが、ヴィクトリアサンドイッチにはぴったり。

ケーキも紅茶もよりいっそう美味しくいただける、素敵な組み合わせでした。

シンプルな中に繊細な優しさがあるヴィクトリアサンドイッチ(^^♪。ますます、小澤さんのファンになりました。

湯河原のサロンにも、いつか伺ってみたいな…。

 

あわせてどうぞ

今日はクリスマスイブ。 ちょうど夫もテレワークの日だったので、フレッシュな苺たっぷりのヴィクトリアサンドイッチを作って、3時のおやつにいただきました(^^♪。 目標は、British Cake House のスポンジ スポ[…]