If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

ダウントン・アビー の ”English Cream Scones”

ダウントン・アビー、私も夢中になってしまった一人です。

テレビシリーズも映画も、何度みても飽きません。

ストーリーもさることながら、映像がとにかく美しく…。特に、お茶のシーンにはくぎ付け。一時停止して、ティーセットやお菓子をじーっと観察してしまいます。

関連書籍もいろいろ出ていますが、私のお気に入りはこちら↓

日本語訳が出るのを待てず、英語版を買ってしまいました。レシピブックなのであまり難しい表現もなく、何とか大丈夫(^^;)。

最初に登場するレシピは「English Cream Scones」です。

生クリームで作る、お手軽スコーン

English Cream Scones は、バターではなくダブルクリームで作るスコーン。rub in の手間がなく楽なうえ、ふんわり美味しく仕上がる優秀レシピです。

今日は、英国・シップトンミル社の小麦粉「ソフトケーキ・ペストリー」を使ってみました。

トップに振ったお砂糖が、カリッと焼きあがりました。

そして…小麦粉の風味が香ばしく、さっくりほろほろっとした食感…。イギリスでいただくようなスコーンが、私のキッチンで出来たことに感激です(^^♪。

今日はクロテッドクリームも手作りなのです。最後の方のページに載っていた「Mock Clotted Cream(偽のクロテッドクリーム)」(!) を作ってみました。

Mock Clotted Cream

「偽のクロテッドクリーム」って??と興味津々でしたが…。

ホイップした生クリームにマスカルポーネチーズとお砂糖(私は省きました)を混ぜ合わせたものでした。これなら、私がいつもフルーツサラダなどに使っているのと同じ。スコーンにつけたことはなかったけれど、言われてみたら、確かに合いそう!

そうそう、このレシピのページには、かの有名な、コーンウォール vs デヴォンの、クロテッドクリーム発祥をめぐる、そしてクリームとジャムをつける順番をめぐる論争についての、ミニコラムもありましたよ(^^♪。

シップトンミルの小麦粉 × ダルメインのママレード

Mock Clotted Cream と一緒に添えたのは、初めていただくダルメインのジェーンズママレード。

これが、今日のスコーンに、ものすご~く合いました(^^♪。

  • Jam first(コーンウォール式) にしても。

  • Cream First (デヴォン式)にしても。

どちらにしても美味しい~(^^♪。

英国産小麦の風味豊かなスコーンに、ほろ苦くしっかり甘いダルメインのママレードと、たっぷりのクリームが合わさると…絶品(^^♪。

「偽のクロテッドクリーム」もなかなか良かったです。本物のクロテッドクリームより軽いので、思い切りたっぷり乗せるとバランス◎。

ヨークシャーゴールドのミルクティー

ダウントン・アビーは、ヨークシャーのダウントン村にある伯爵家のカントリーハウス、という設定です。

ということで、お茶は、ヨークシャーゴールドをミルクティーに(^^♪。

ヨークシャーティーを作っているテイラーズオブハロゲイトは、1886年創業ということなので、もしダウントン・アビーが実在したならば。

階上の方々は、やはり中国茶…なのかな? でも、階下のスタッフはきっと…。

そんな想像をしながらのクリームティー。美味しく楽しいひと時でした(^^♪。

ダウントン・アビーの Season6。ミセス・パットモアが始めた B&B をグランサム伯爵たちが訪れてお茶をするシーンで…。伯爵が「この美味しいスコーンを、もう一つもらえる?」と、お代わりするんですよね(^^♪。

どんなスコーンだったのかなぁ…。