If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

日・英の小麦粉で作ったスコーンと、ママレード

シップトン・ミルの英国産小麦粉のスコーンに、ダルメインのジェーンズマーマレードを合わせてみて、その美味しさに感動したのは数日前のこと。

また同じ組み合わせで…と思ったのですが、どうせなら。

今日は(大食漢の)夫もいることですし、日・英の小麦粉で作ったスコーンに、日・英のママレードを組み合わせて、風味の違いや相性を確かめてみよう!ということになりました。

本日の小麦粉たち

本日、日英を代表していただく小麦粉たち。

  • 日:江別製粉「クーヘン」
  • 英:シップトン・ミル「ソフトケーキ&ペストリー」

今日のスコーンに使う120gずつを量りました。

  • クーヘンの方が、明らかにかさが大きいです。ふんわりきめ細かく、しっとりした手触りです。甘い香りがして、色はややクリーム色。
  • シップトン・ミルは、さらさらしていて、粒子が大きくざらっとした手触り。「粉」という感じの香ばしい香りで、ベージュがかっています。

本日のママレードたち

合わせたママレードたちはこちら。

  • 日:軽井沢 沢屋「完熟オレンジママレード」
  • 英:ダルメイン「ジェーンズ・マーマレード」

そのままいただいてみると…

  • 沢屋のママレードは、オレンジそのもののようなフレッシュ感が特徴。濃度はゆるく、甘さ控えめ。そのままでも美味しい、私が大好きなママレードです(^^♪。
  • ジェーンズマーマレードは、ほろ苦く濃厚な、The ママレードというお味。ブレンドされているレモンとグレープフルーツが効いて、すっきり感もあります。

前置きがずいぶん長くなってしまいました(^^;)。やっと、本題。

どちらも、どの組み合わせでも…(^^♪

スコーンは、安田 真理子さん「おうちで作るイギリス菓子」のレシピで。バター・ヨーグルト・お水で作るシンプルなスコーンです。

右がクーヘン、左がシップトン・ミルです。

まず気づくのは膨らみの違い。クーヘンの方が大きく持ち上がりました。色の違いも、粉の時よりはっきりわかります。

何もつけずにいただいてみると…。

  • クーヘン(右)は、甘くしっとりした香り、ふんわりもっちりした食感。親しみのある優しい美味しさです。
  • シップトン・ミル(左)は、こくのある香ばしい香り、ほろほろっとした食感。しっかりした濃い風味です。

食べくらべてみると、改めて、ずいぶん違うものですね。なるほどー。

ママレードとの相性はどうでしょう。まずは、日本産同士、英国産同士で。

  • クーヘンを使った優しい風味のスコーンに、クロテッドクリームと、沢屋のフレッシュなママレードをたっぷり。

私のいつもの頂き方。もちろんとても美味しいです。すべてが柔らかくまとまって、安心なお味。

  • シップトン・ミルの香ばしいスコーンに、同じくクロテッドクリームと、ほろ苦いジェーンズマーマレード。

先日の感動がまだ続いています。スコーンやクリームと一緒にいただくと、ママレードが驚くほど美味しく変身します。

次に。それぞれお相手を変えて、クーヘン×ジェーンズマーマレード、シップトン・ミル×沢屋では…。

それはそれで、とても美味しかったのです(^^♪。

以前、ベノアwithシップトン・ミルの全粒粉スコーンに沢屋のママレードを合わせたときには、これは合わない…とがっかりしたのですが。

今日のシップトン・ミルの小麦粉は「ソフトケーキ・ペストリー」用なので、風味は柔らかめ。

どの組合せも違和感なく、甲乙つけがたいくらい、美味しくいただけました。

夫曰く「みんな違って、みんないい」という結果に…。

でも、それぞれの違いは良く分かったので、比べてみた意味はありましたよ~(^^;)。

英国産、日本産、とこだわったりするのも、結構好きな私ですが。

ほらほら肩の力をぬいて…と妖精の声が聞こえたような気がしました(^^♪。