If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

ヨークシャーカードタルト?

ヨークシャーカードタルトを作りました。

酪農業が盛んなヨークシャーで、チーズのもととなる “カード” を使って17世紀から作られてきたお菓子だそうです。

見つけたレシピにはどれもカランツやレーズンが入っていたのですが、苦手なので、代わりに大好きなオレンジピールをたっぷり。

これでもヨークシャーカードタルトと言えるのかな?

あっさり素朴なベイクドチーズケーキ

レシピはいつもの、安田真理子さん「おうちで作るイギリス菓子」より。カードから手作りしましたよ(^^♪。

カランツの代わりに、もともとレシピに入っているオレンジピールを増量。レモンピール、オレンジとレモンの皮のすりおろし、そしてグランマルニエもプラスして柑橘風味いっぱいに!

カードのつぶつぶを生かすように、なめらかに混ぜないのがポイントとのこと。

「もっと混ぜたい…」という欲求を何とか押さえました(^^;)。

ふんわり、もろもろっとした食感がとても好き。どっしりしたベイクドチーズケーキが胃にもたれるようになってきた私に、ほど良い軽さです。

カードと卵の素朴な味わいに、オレンジやレモンの風味がきいてすっきり。カランツなしでも美味しいですよ~(^^♪。

Bettys “Tea Room Blend”

お茶は…やはりこれですね。

ヨークシャーにある憧れのティールーム、ベティーズの “ティールームブレンド” です。

オーソドックスで穏やかな風味が、素朴なカードタルトにぴったり。

今日はブラックの気分だったのですが、ミルクを少しだけ入れるのも好きです。甘い香りがたって、不思議なくらい表情が変わります。

クラシックなデザインのキャニスターも大好き(^^♪。ちゃんと内蓋もついています。

これは以前、ベティーズのオンラインストア(イギリス)からお取り寄せしたもの。

ときどき送られてくるニュースレターによりますと、コロナ禍でティールームは閉店中。オンラインのみ営業しているとのことです。イギリスは大変な状況ですものね…。

ティールームでおしゃべりしながら、美味しいお茶とお菓子を…という日常がはやく戻ってきますようにと祈るばかりです。

いつか行ってみたいと夢見ているティールームの中でも、憧れ度 No.1 のベティーズ。

でも、お店の名物とされるお菓子は、カランツやレーズンがどっさり入っていそうなものばかりなのが気がかりです(^^;)。

 

あわせてどうぞ

今日はイースターサンデー。 といっても、去年まではほとんど意識していなかった私ですが...。 今年は、「シムネルケーキ」を作りたくて、この日を心待ちにしていました! 手作りマジパンの美味しさ イギリスでは、イースターの代表的[…]

あわせてどうぞ

ベイクウェルタルトは、英国菓子のなかでも特に好きなものの一つです。 こっくりしたアーモンドクリームと、甘酸っぱいラズベリージャムの組合せ...最初に思いついた人は天才ではないかしら(^^♪。 でも、他のお菓子にくらべて特に「よく[…]