If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

熱々のアップルスコーンと、濃厚なクロテッドクリーム

British Cake House のヴィクトリアサンドイッチに続いて、英国展のオンラインストアで注文した他の品々も届きました。

見ているだけで幸せ(^^♪。

まずは、牛さんの鼻が印象的なパッケージの(^^;)、ランゲージファームのクロテッドクリームから。

紅玉をたっぷり入れたアップルスコーンと一緒にいただいてみました。

アップルラウンドスコーン

アップルスコーンは、安田真理子さん「おうちで作るイギリス菓子」のレシピを基本に。小麦粉110gに対して、紅玉を90g、生のまま刻んで混ぜました。

小麦粉は、Doves Farm の Plain White 。今回2袋届いたので、けちけち使っていた古い分を使い切りました(^^;)。全粒粉も少しプラス。

カジュアルに丸く成形して、お砂糖(デメララシュガー)を振りかけ、オーブンで25分ほど…。

こんがり美味しそうに焼けました!

熱いうちに、急いで…。

濃厚! ランゲージファームのクロテッドクリーム

そのままでも十分美味しいですが、焼き立てならバターやクロテッドクリームを添えても◎。
~「おうちで作るイギリス菓子」より

ということなので、ランゲージファームのクロテッドクリームをたっぷりと乗せていただきました。

紅玉の風味いっぱいのスコーン。デメララシュガーがカリッとして、確かにそのままでも十分なくらい。

でもそこにクロテッドクリームを乗せると、美味しさが10倍くらいup! 焼きたての甘酸っぱいスコーンと、とろけるクリームの組合せがたまらな~い(^^♪。

ランゲージファームのクロテッドクリームは、黄色みが強くて見るからに濃厚そう。ロダスやタカナシと比べると、よりバターに近いようなコクのある風味です。

でも不思議とくどさは感じず…スコーン2切れにクリーム1パック(57g)、ぺろりと頂いてしまいました(^^;)。

デメララシュガーとは?

ところで、アップルスコーンにふりかけた「デメララシュガー」。英国菓子を作るようになってから、レシピで良く見かけるようになりました。

何事も形から入る私は、さっそく購入(^^;)。確か1か月以上かかって、イギリスから送られてきました。

中ザラ糖よりは小さく、グラニュー糖よりは大きい粒で、キャラメルのようなコクのある風味。スコーンやケーキにふりかけて焼くと、カリッと香ばしく美味しくなります。

探せば日本にもこういうお砂糖はありそう…と思っていたら、上記の安田さんのブログによると、小粒のコーヒーシュガーでも代用できるとのこと!

ちなみに、「デメララ」とは、オランダ統治時代にこのお砂糖の産地だった、南アメリカの地名だそうです。

そう聞くと、お砂糖の歴史の暗黒面を思い起こしてしまいますが…。

熱々のアップルスコーンと、濃厚なクロテッドクリームの組合せ、とても美味しかったです。

ランゲージファームはデヴォン州にある乳業メーカーとのこと(ロダスはコーンウォール州)。デヴォンといえば、Cream first, Jam on top の聖地?ですね(^^♪。それも早く試してみたいな…。

 

あわせてどうぞ

コロナウィルスの感染状況、また先が見えなくなりましたね...。友人と会う約束も、何度目の延期でしょうか。 こんな時こそ、お家で楽しく(^^♪。 英国展でお取り寄せしたクリスマスティーとマーマレードで、フェスティブ気分なクリームテ[…]