If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

ダークチェリーベイクウェル

このところ、日本茶や春摘みダージリンに合わせて和菓子が続いたせいか、無性にバターたっぷりの焼き菓子が恋しくなり…。

久しぶりにベイクウェルタルトを焼きました。旬のダークチェリーを乗せて、チェリーベイクウェル風に(^^♪。

おしゃれではない…ところが魅力?

思えば、イギリスのお菓子をよく作るようになってから、早1年ほど。

おしゃれ…とは言えないけれど、ホームメイド感あふれる素朴さが微笑ましくて、ますます好きになっています。

ベイクウェルタルトも、まさにそんなお菓子。懐かしい「おやつ」という雰囲気です(^^♪。

作り置きのペストリー生地があったので、とても手軽にできました。

先日のレモンメレンゲパイの時に作った、ほろほろすぎるショートクラストペストリーの残りです(^^;)。

アーモンドクリームを乗せすぎて、焼いている途中であふれそうになりましたが、何とか踏みとどまってくれました(^^;;)。

さっそく、小さな方をひとつ。

かわいい…。

チェリーベイクウェルは、小さなサイズのベイクウェルタルトにアイシングとドレンチェリー、というのがスタンダードのようですが、生のダークチェリーも似合いますね(^^♪。

中には、これも作り置きのミックスベリーのジャム。少し酸っぱめなのがちょうどよい感じです。

ほろほろすぎるペストリーと乗せすぎたアーモンドクリームも、お味はとても美味しく…。

久しぶりのバター風味たっぷりのお菓子を堪能いたしました(^^♪。

嬉野アールグレイ innocence

お茶は、和紅茶専門店・紅葉(くれは)の「嬉野アールグレイ innocence」。

はじめていただきました。

「佐賀県産ベルガモットオレンジと嬉野紅茶で作った100%佐賀県産のアールグレイ」とのこと。

ふっくらした柔らかい風味の紅茶にベルガモットが優しく香り、とてもいただきやすいお味です。

少し厚みがあるので、こくのあるお菓子が合いそう…。今日のベイクウェルタルトともよい感じでした。

「紅葉(くれは)」という店名も素敵。和紅茶の世界ではとても有名なお店のようですね。

今回は、阪急百貨店のオンラインで開催されている「ワールド・ティー・フェスティバル」で見つけました。

デパートの催事といえば、銀座三越の「スコーンパーティー with ティー」は、当然のことながら延期になってしまいがっかり。

でも、めげずにオンラインストアでお買い物します(^^♪。現在開催中の Part1につづいて Part2も楽しみです。

 

あわせてどうぞ

イギリスの気候では難しいとされた茶の栽培に成功し、2005年から「英国産」紅茶を生産しているトレゴスナンエステート。 茶園を所有するファルマス子爵は、1830年代にイギリス首相をつとめたグレイ伯爵(アールグレイティーの由来と言われる.[…]

あわせてどうぞ

外出自粛がもとめられたゴールデンウィーク。 元々 Stay Home 好きのわが家では、それなりに楽しく過ごしていたのですが、一つだけ問題が...。 健康診断に向けてダイエット中(^^;)の夫のため、お菓子作りも自粛中なのです。[…]

あわせてどうぞ

ベイクウェルタルトは、英国菓子のなかでも特に好きなものの一つです。 こっくりしたアーモンドクリームと、甘酸っぱいラズベリージャムの組合せ...最初に思いついた人は天才ではないかしら(^^♪。 でも、他のお菓子にくらべて特に「よく[…]