If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

さくさくのストロベリーショートケーキ

いただき物などが重なって、わが家にはいま、苺がたくさん!

傷まないうちに…とレシピを検索したら、ショートブレッドで作るイギリス風ショートケーキに目が止まりました。

100%のジュースも添えて、贅沢なティータイムです(^^♪。

ショートケーキのルーツ?

やわらかいスポンジに苺とホイップクリームをはさんだ “ショートケーキ” は日本風のもので…というのはよく聞くお話。

そうした世界各地のショートケーキのルーツと言われるのが、イギリス風なのだとか(Wikipediaより)。

ショートブレッドを焼いて、苺とホイップクリームをはさんだら出来上がり。ちょっとアクセントが欲しいかな…とラズベリージャムもプラスしました。

日本風ショートケーキより、ずっと簡単ですね。

そして、とっても美味しいです!

サクサクのショートブレッドが、ホイップクリームや苺とマッチして、何とも軽やか。

イギリス風ショートケーキ、お気に入りになりました(^^♪。

スカイベリーのフレッシュジュース

柔らかくて傷みやすそうなスカイベリーは、思い切ってジュースにしてみました。

苺をそのままミキサーにかけたら、ほぼ1パック分がグラス1杯に。めったにできない贅沢です!

甘い香りが口いっぱいに広がって、思わず笑顔になってしまう春のお味でした(^^♪。

アールグレイクラシックをミルクティーで

それから、やはり紅茶もなくては。

F&M のアールグレイクラシックをミルクティーにしていただきました。

強めの着香ですが、ミルクを入れると抜群な美味しさに(^^♪。

このお茶と一緒にいただくと、素朴なイギリス風ショートケーキも少しエレガントに変身。

寒い寒い日が続いていますが、春の足音が聞こえたようなティータイムでした。

どんなに寒くても、新年が明けると空気が春めいてくるのが、いつも不思議です。

お花屋さんにもチューリップやラナンキュラスが並んで…。心が浮き立ちます(^^♪。