If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

フレッシュベルガモットのアールグレイ

ChaTea紅茶教室のウェブショップで、「天然ベルガモットのアールグレイセット」なるものを見つけました。

フレッシュベルガモット2個と、キャンディ、ヌワラエリヤ、キームンの茶葉50gずつがセットになったもの。

ベルガモットが日本で手に入るなんて! 迷わず購入しました。

初めてのフレッシュベルガモット!

ちょうどライムのような外観です。皮を爪でこすってみると、すだちのようなグレープフルーツのような…、そう、アールグレイティーをものすごくフレッシュにした香り!

さっそく、キャンディで試してみました。おすすめの通り、蒸らし時間はやや短めに淹れて、レモンティーの要領で。

フレッシュベルガモットのアールグレイティー

まず、このキャンディが、とっても美味しいです。ケニルワース茶園のOP1(2020年3月摘み)ということで、大ぶりな茶葉。こんなに甘い華やかな余韻のあるキャンディは初めてです。

ベルガモットとの相性も最高…。みずみずしい香りとほんのりした酸味がキャンディの甘さをひきたてて…いくらでも飲めそうなさわやかなアールグレイになりました。

「お砂糖たっぷり、騙されたと思って試してみて下さい」というおすすめに従って、2杯目には和三盆糖を入れてみました。それもまた美味しかったですが、でも私はお砂糖なしで十分に満足でした。

栗と柚子のパネトーネをおともに

ちょうど、大好きなシニフィアン・シニフィエのパネトーネがあったので、一緒にいただきました。

今の季節にふさわしく栗と柚子が入ったふんわりしたパネトーネと、フレッシュなアールグレイティーとの組み合わせは大成功(^^♪

軽やかで香り高い、秋らしいティータイムになりました。

ベルガモットがあまりに良い香りなので、そのまま少しかじってみたら…、にが~い!! あくまで、香りを楽しむものなのですね。