If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

ミセス・マッカーシーのスコーン

英国ドラマの「ブラウン神父」にはまっています。ミステリーなのにのんびりした雰囲気が私好みなのです。

教会でブラウン神父の秘書をしているマッカーシー夫人は、お菓子作りが得意。ご自慢のストロベリースコーンがとても美味しそうなので、まねしてみました。

Award winning scones

噂好きで頑固で負けず嫌いで…。半面、親切で愛情深く、そしてお菓子作りが得意なマッカーシー夫人。

母譲りの秘伝のレシピで作るストロベリースコーンは、村の品評会で常に1等賞を獲得しているご自慢の品。「私の“award winning scones”はいかが?」と人に勧めるのが口癖です(^^;)。

レシピがわからないのが残念ですが、プレーンなスコーンに、クロテッドクリームと、苺ジャム+フレッシュな苺(せっかくなので両方にしてみました)をはさんだら、見ためはそっくり(^^♪。

ブラウン神父もレディ・フェリシアも、これをサンドイッチのように手で持って、がぶり…とする直前で、いつも場面が変わるんですよね。

私も試してみようと思ったのですが、ジャムがはみだして大変なことになりそうだったので、断念。

おとなしく上下に分けていただいたのですが…。これって普通のスコーン(^^;)。

苺ジャムは普段と同じように作ったのですが、サンドイッチにするにはゆるすぎました。

マッカーシー夫人のスコーンの苺は、きれいに形を保ちつつ、しっかり煮詰まっているように見えます。その辺りにも秘伝があるのかも…。

今回は結局、いつものスコーンを、いつも通り美味しくいただいたということに(^^;)。

フレッシュな苺を乗せてみたのは初めてでしたが、さわやかでとても良かったです。

そういえば、イギリス風ショートケーキってこんな感じですね。

Juri’s Tea Rooms 「アフタヌーンティー」

「ブラウン神父」の舞台は、コッツウォルズ近郊の小さな村。

それにちなんで、ジュリスのオリジナルブレンド「アフタヌーンティー」を淹れました。

以前はコッツウォルズにあった “Juri’s” は、宮脇樹里さんという日本女性が開いたティールーム。英国ティーギルドの「トップティープレイス賞」を受賞したことで話題になりました。

日本橋三越にお店が移ってからは時々伺っていたのですが、コロナ禍でずいぶんご無沙汰しています…。

「アフタヌーンティー」は、アッサムとダージリンのブレンドとのことで、すっきりといただきやすい風味。親しみやすい甘い香りがして、焼き菓子に良く合います。

もちろん、ストロベリースコーンとの相性は抜群。

テレビでマッカーシー夫人のスコーンをじっくり観察しながら、クリームティーを楽しみました(^^♪。

秘伝のレシピ、手に入れたいなぁ…。

Amazonプライムで「ブラウン神父」シーズン1~8が全てみられるので、ここ数カ月でほぼcompleteしました(^^;)。

一番のお気に入りは、シーズン5の第1話。めずらしく殺人事件も起こりませんし、幸せな結末に心がなごみます。