If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

春を待つバタフライケーキ

今朝のモモのお散歩、とても寒かったけれど、雲ひとつない青空がほんとうにきれいでした。

きらきらする日差しをあびて歩いていたら、バタフライケーキを焼こう!と思い立ちました。

ホームメイドの愛らしさ

カップケーキの上の部分を切りとって蝶々にみたてるなんて、誰が考えたのかしら。

素朴なホームメイドだからこその愛らしさ(^^♪。英国菓子らしいなぁ…。

生地は、卵・お砂糖・小麦粉・バターが同量の基本の配合です。最初に卵とお砂糖を泡立てて、軽めのスポンジに。

フィリングは、レモンカードと、レモンカードを入れたホイップクリームにしました。

ふんわり軽いスポンジに、きゅっと酸味のきいたレモンカードとクリーム。春らしいかわいらしいお味(^^♪。

小さめに作ったので(卵1個分で6つできました)ぱくぱくぱくっと3つも平らげてしまいました(^^;)。

キャッスルトン農園 夏摘み “Moon Light DIANA”

お茶は、キャッスルトン農園のセカンドフラッシュ “Moon Light DIANA”(DJ-140/リーフル)にしました。

飲み初めはみずみずしく華やか。そして優雅にひろがる余韻…。

どうしてこんなに素敵な香りが生まれるのか、淹れる度に感動してしまうお茶です。

軽やかなバタフライケーキと一緒にいただいていたら、心から春が…そして今年の春摘み茶が待ち遠しくなりました。

イギリスでは、カップケーキのことを “フェアリーケーキ” と言うのだとか。

言の葉(^^♪。