If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

のんびり作るオレンジコンフィとオランジェット

国産のネーブルオレンジを見かけたので、大好きなオランジェットを作ってみました。

まずはコンフィから…ということでレシピを検索したら、完成までなんと1週間…!?

ほったらかしが、鍵

オレンジコンフィ、つまりオレンジの砂糖漬け。

ゆでこぼしたオレンジを輪切りにして、お砂糖と水で煮る、というただそれだけなのですが。

数分間煮たら自然に冷まして1日置く…という作業を6~8回繰り返すことで、糖度を少しずつ上げて行くのだそうです。

今回は、You Tube の “Chez Sucre” さんのレシピで作りました。

これは2日め↓

日を追うごとに、シロップがとろっとして、オレンジに透明感が出てきて…。

7日め。オレンジコンフィのできあがりです↓

このままでも、とっても美味しい(^^♪。

オランジェットにするには、低温のオーブンで1時間半ほど乾かします。

ホワイトチョコレートのオランジェット

オランジェットといえば、ブラックチョコレートでコーティングすることが多いと思いますが、私の好みは断然ホワイトチョコレート。

慣れないテンパリングにあたふたしつつも、何とか無事に固まってくれました(^^;)。

夫のおつまみ用ナッツのストックから、ピスタチオを拝借して…完成。

甘すぎず、ジューシー感の残るオレンジが絶品です(自画自賛…)。

ホワイトチョコレートとピスタチオの相性はもちろん抜群。

今までいろいろなお店のオランジェットをいただきましたが、これが一番好きかもしれません(^^♪。

余ったチョコレートとオレンジの端っこで作ったマンディアン風も、なかなか美味しかったです。

Betty’s アールグレイ

お茶は、Betty’s のアールグレイにしました。

ほんのりスモーキーな、正統派のアールグレイ。オランジェットとの相性は、言わずもがなですね。

渋みが少なくとてもバランスの良いお味なので、私はいつもブラックで。でもミルクティーにしてもきっと美味しいと思います。

キャニスターもかわいくて大好き(^^♪。このキッチュなおじさま、グレイ伯爵ですよね?

手作りのオレンジコンフィって、こんなに美味しいものだったとは…。1週間ときいて、あきらめなくてよかったです。

実際には、ほぼほったらかしですしね(^^♪。

 

あわせてどうぞ

ヨークシャーカードタルトを作りました。 酪農業が盛んなヨークシャーで、チーズのもととなる “カード” を使って17世紀から作られてきたお菓子だそうです。 見つけたレシピにはどれもカランツやレーズンが入っていたのですが、苦手なので[…]