If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

ホテルオークラのスコーンレシピ

オークラのウェブサイトに載っているスコーンのレシピが面白いわよ…と友人からの情報。

さっそく見てみると、確かに今まで知らなかった作り方です。これは試してみなければ(^^♪。

柔らかくしたバターを…

「ホテルオークラ」「スコーン」で検索したら、すぐにレシピがヒットしました。

ふむふむ、強力粉を使うのね…バターがすごく多いなぁ…と思いながら作り方を見ると。

1.  強力粉、ベーキングパウダーに柔らかくしたバターを加え、手で混ぜ合わせます。

~オークラだより「シェフのこだわりレシピ」より

普段は、バターが冷たいうちに素早い「rub-in(ラブイン)」を心がけているので、びっくり。

手順はいつもと同じです。小麦粉にバターが混ざったら、他の材料を入れてまとめ、しばらく冷蔵庫で落ち着かせてから型抜きし、オーブンへ。

混ぜ加減が良く分からなかったのですが、べたつきがなくなる程度まで軽くこねてみました。

焼き上がりは…オークラだよりの写真のようなお行儀よい形にはならず、いま一つ。型抜きの前にもう少し生地を冷やすべきだったかしら…。

お味見してみると、確かにこれはホテルでいただくスコーン。きめ細かくて甘みがある、お菓子風のスコーンです。

そのままでも美味しいけれど…。やはり、お気に入りのロダスのクロテッドクリームと、自家製のいちごジャムをたっぷり乗せてしまいました(^^;)。

クリーム&ジャムと一緒にいただくと、ケーキのようなリッチ感。

ざっくりした素朴なスコーンとはまた違う、上品な美味しさでした(^^♪。

素直に、ヨークシャーゴールドで

考えてみたら、スコーンを焼いたのは久しぶり。ここは素直に、ヨークシャーゴールドでいただくことにしました。

どんなレシピであれ、ヨークシャーゴールドが合わないスコーンは存在しないのでは…。

本当にバランスのよい、飽きの来ない美味しさ。大好きです(^^♪。

知らなかったけれど、このスコーンレシピ、数年前からずいぶん話題になっていたのですね。

「オークラだより」には、いかにも老舗ホテルらしいお料理やお菓子のレシピがたくさん!

いろいろ作ってみたくなりました(^^♪。