If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

紅茶から生まれた日本茶

最近、日本茶の「品種」に興味を持つようになりました。

そのきっかけをくれたのは、素敵な日本茶専門店・茶茶の間。

今日は、楽しみにしていた新茶「清明」を、茶茶の間おすすめの淹れ方で丁寧に味わってみました。

お茶を「喫する」

「清明」に使われている茶葉の品種は「近藤早生」。

「印雑系」という紅茶用品種と、緑茶の品種を親に持ち、華やかな香りが特徴なのだそうです。

封を開けただけで、すでによい香りがしています。

今年初めていただく日本の新茶にワクワク。

せっかくなので、茶茶の間おすすめの「喫し茶」の淹れ方で味わってみることにしました。

少量の冷水→少量の熱湯→やや多めの熱湯…と煎を重ねながら、香りや味わいを丁寧に「喫する」いただき方です。

ただ…。私は、日本茶のまったりした旨味や渋みがあまり得意ではありません。

特に新茶は風味が強いので、「喫し茶」はハードルが高すぎるかなぁ…。

1煎め

まずは、少量の冷水で。

茶葉4g に、冷水 25cc を注いで、3分間待ちます。

だんだん茶葉がひろがってきました。

3分たったら、温めておいた(これが大切です)お茶碗へ。

お水 25cc でしたので、本当に少量。

そっと味わうと…。

ふわっと広がるさわやかな香り。若々しい強さと旨味もありますが、すっきり感が勝り、上等なジャスミン茶のような雰囲気。

2煎め

熱湯 25cc を注ぎ、すぐにお茶碗へ。色がだいぶ濃くなりました。

渋み、旨味、芽吹きの香りなど、緑茶らしい新茶の風味が一気に来ました!

目が覚めるような清々しさで、嫌なまったり感などはありません。

ただ、やはり私には強すぎ…。このほんのひと口に、風味が凝縮されているのですものね。

上質なお茶であることはひしひしと感じるものの、正直にいってここまでのところ「好き」とは思えず。

3煎め

今度は、少し多めの 50cc の熱湯を注ぎ、すぐにお茶碗へ。

さらに強かったらどうしよう…。

渋み・旨味は、2煎めよりもだいぶ軽くなり、落ち着いて味わう余裕が生まれました。

素直に、美味しい!

そして飲みすすむにつれて、どんどん甘い香りが立ってきて…。春摘みダージリンのように華やかな、でも、より繊細な香りへと変化していきます。

急須の中の茶葉からも、何ともいえない優しい香りが広がっています。

紅茶系と緑茶系、両方の品種の血を引くということに、心から納得。

3煎めにしてようやく、私の好きな風味に出会えました。良かった(^^♪。

4煎め以降

4煎めは、いつも春摘みダージリンの2煎めでしているように、氷水でゆっくりと水出ししました。

渋みや旨味はなくなって、甘い風味と清らかな香りだけが感じられ、実は4煎めが一番好きかも…。

そして、5煎め、6煎めと水出しを重ねても、まだ香りは消えません。

今も、机の上に置いた6煎めの空のお茶碗から、ほのかな残り香が漂っています。

今年初めての水ようかん

さて、私のことですから、もちろんお菓子も用意しました。

新茶のために、今年初めて作った水ようかん。

やわらかめが好きなのですが、つい適当に作ってしまい、毎回仕上がりが変わりがち…。

今日は美味しくできたので、分量をメモしておきます。

  • こし餡 200g、お水 300cc、粉寒天 1g、葛粉 4g

こし餡は、Amazon でみつけた「内藤」のものが気に入っています。

とろりとした水ようかんが、フレッシュな新茶の香りに良く合っていました。

ネットで少し調べてみたところ、「近藤早生」の父方?にあたる「印雑」とは「印度系アッサム雑種」。輸出用の紅茶栽培が奨励された明治時代に、インドから導入されたアッサム種の子孫なのだそうです。

遠い国からやってきたアッサム種の木が日本に根付き、やがて新しい緑茶の品種が生まれて…。何だか奇跡のようですね。

 

あわせてどうぞ

素敵な日本茶のお店・茶茶の間の、「清明」というきれいな銘の新茶。 「近藤早生」という品種だけで作られた香り高いお茶です。 先日は少し背伸びして「喫し茶」に挑戦したところ、凝縮された風味に圧倒されてしまいました↓ [site[…]

あわせてどうぞ

1週間ほど窓辺に飾っていた啓翁桜が、そろそろ終わりそうです。ところどころ葉桜になろうとしている姿がいじらしく...。 最後にもう一度、小さなお花見をすることにしました。 「若草」と「さまざま桜」 彩雲堂の「若草」と、紅梅屋の「さま[…]