If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

春のセイボリーパイ

春野菜がたくさん出まわってきて、お料理が楽しい季節になりましたね。

今日は美味しそうな空豆を見かけたので、ランチにパイを焼いてみました。

さくさくのショートクラストペストリー

シンプルで作りやすい、イギリス風のショートクラストペストリー。

でもシンプルなだけに、失敗するとかなり残念なお味に…。何回も経験済みです(^^;)。

今日は、とにかくさくさくの焼き上がりを目指して、①いつものレシピより少し水分を減らして、②空焼きも、③本焼き(と言うのかしら?)も、長めにしてみました。

さて、どうでしょうか?

何だか微妙な感じになってしまったデコレーションはともかく(^^;)、見たところ焼き加減は良さそうな…。

なんと、ペストリーは会心のでき! 今までで一番美味しく焼けたのではないかしら(^^♪。

忘れないうちに…。

  • 分量:小麦粉200g、バター100g、塩2g、お水25cc
  • 空焼き:180℃で、重しをして15分、重しをとって8分。
  • 本焼き:180℃で20分、170℃で15分。

フィリングは、空豆の塩ゆで、桜えび、新玉ねぎのクリーム煮。アクセントに桜の塩漬けを。

さくさくの香ばしいペストリーと、とろっとした新玉ねぎの組合せが最高に美味しく…。大好きな春の食材を詰め込んだセイボリーパイ、成功でした。

これならきっと夫も気に入るはず。生地も残っていますし、週末にまた作ってみようと思います(^^♪。

カメリアズティーハウス「イングリッシュブレックファスト」

お茶は今日もカメリアズです。

イングリッシュブレックファストは、わが家の定番になりつつある大のお気に入り。

“The 紅茶” ともいうべきオーソドックスな風味ですが、重すぎず、軽すぎず、絶妙なバランス。

お茶のよいところだけを抽出してブレンドしたようなクリアな味わいです。

お食事系のティーフーズによく合うので、今日のパイにもぴったり。

ブラックですっきりといただきました。

ショートクラストペストリーが上手に焼けて、とてもうれしかったのですが…。

気になったのは、縁どりの三つ編み。GBBO だったら “should be much neater!” と言われること間違いありません(^^;)。

ブログなどを拝見すると、皆さん、難なくきれいに作っていらっしゃるようですが…何かこつがあるのでしょうか??

 

あわせてどうぞ

昨日のセイボリーパイ、せっかく美味しく焼けたのに、縁取りの三つ編みがガタガタだったのが残念でならず...。 今日は、残っていた生地で三つ編みの練習をしました(^^;)。 打ち粉をしっかり パイ、縁どり、三つ編み、などど検索してみる[…]