If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

「南 桂子展 透き通る森」と、タイニートリアのお菓子

ご無沙汰つづきのブログとなってしまいました。

ずいぶんと前のことですが…。

蛎殻町にある小さな美術館で「南 桂子展 透き通る森」をみてまいりました。

(すでに会期は終了しております…いつもながらお役に立たない情報で、申し訳ありません…)

会場の「ミュゼ山口陽三・ヤマサコレクション」は、ヤマサ醤油株式会社が運営する美術館。

創業家出身の銅版画家・山口陽三(1909~2009)と、妻・南桂子(1911~2004)の作品を所蔵しています。

詳しくは▼
https://www.yamasa.com/musee/

南桂子の銅版画が大好きな私は、時折(年に一度ほど)開かれる展覧会を楽しみにしています。

今回は「透き通る森」という、美しいタイトル。

展示室は1階と地下1階にあるのですが、とくに地階の雰囲気が素敵です。

小さな螺旋階段を降りるにつれ、しん、と静かな南桂子の世界に入っていくような…。

大人でもなく子供でもないような、不思議な表情の少女が住んでいる世界。

可憐さ、繊細さ、寂しさ、怖さ、優しさ…。

ほんとうに魅了されます。

小説家の小川洋子さんが選んだ作品を集めた「書かれたい物語がひそんでいる絵」という企画も、とても素敵でした。

小川さんのつくりだす物語の世界と、南桂子の銅版画の中にある世界。

たしかに、通じるものがありますね…。

私の大好きな、少女と犬をモチーフにした「塔と少女」「城砦」などを小川さんも選んでいらして、うれしかったです。

小さな塔や、お城のそばに、ぽつんと立っている少女。

どこかへ行こうとしているのか、それとも、ただじっと佇んでいるのか…。

ぞくりとするような寂しさが伝わってきます。

でも、彼女は独りぼっちではなく…一匹の犬を連れている。

そのことに、みるたびに心から安堵します。

私も、早く帰って、モモ(我が家の愛犬です)に会いたくなってしまいました。

とはいえ、お土産(自分への)は忘れずに(^^;)。

美術館の近くにある「タイニートリアティールーム」へ…。

目印の自転車、いつもかわいいですね(^^♪。

お席もあいていたのですけれど、お菓子をテイクアウト。

帰宅して、モモと再会を喜びあい…?

美術館で買った画集を眺めながら、いただきました。

チーズスコーンと、クランブルチャイケーキです。

ちなみにモモも、私の足元で、大好きなガムを一心に噛んでおりました(^^♪。

マスタードがほんのり香るチーズスコーンには、バターとコッツウォルドハニーを。

そして、クランブルチャイケーキ。

今までにいただいたことのあるタイニートリアのお菓子のなかでは、一番のお気に入りなのです。

やはり、とっても美味しかったです(^^♪。

紅茶は…。

実は、あまりにも前のことなので、何を淹れたか忘れてしまいました…。

ChaTea のキャンディだったかな?

美味しいな~♪と思いつついただいたことだけ、覚えております(^^;)。

南桂子は、若い頃、壷井栄に師事して童話を書いていたことがあるのだそうです。

画集「船の旅」におさめられている「金と銀の魚」というお話、とても素敵でした。

こんなに繊細な感性と、才能を持って生まれるということは、どんな感じがするものでしょう…。

美しいものが大好きだけれど、それを自分でつくりだすことは、逆立ちしてもできない私。

でもこうして、その美しい世界を覗かせていただけるのは、幸せなことだなぁ…と思います。

久しぶりに、小川洋子さんの小説も読みたくなりました。

 

魅入られて、どこかへ行ってしまわないよう…

tea-w-fairies.com

東京国立近代美術館で開催されている「没後50年 鏑木清方展」にいってまいりました。 閉館間際の人気の少ない展示室で「築地明石町」を見つめていたら、あまりの美しさに頭がぼーっと...。 ふわふわとうわの空で歩いた帰り道には、夢のよ[…]

タイニートリアの “美味しい” 世界も、大好き(^^♪

tea-w-fairies.com

銀座三越のスコーンパーティー、続編です。 今週初めに終了(最終日に行きました)、そしてすでに伊勢丹英国展も始まっているところ恐縮ですが(^^;)。 タイニートリアのスコーンがとてもとても美味しかったので、書かせてくださいね。 […]