If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

庭の蜜柑で、和のシャリマティー

きのうは実家に行って、母と2人で庭の手入れをしました。落ち葉を掃いたり、花が終わった薔薇の枝を切り詰めたり。

まだ健気に可愛らしい花を咲かせていた「マリアテレジア」は、もう少しこのままにします。

小さな小さな「ふくれみかん」

母が「蜜柑がなり始めたわよ」というので見上げたら、いつの間にかたくさんの実が!

父が子供のころから庭にあったという「ふくれみかん」の木です。いまネットで調べてみたら「福来(ふくら)みかん」ともいうようで、縁起の良い木なのですね。

直径3~5㎝くらいの、小さな小さな蜜柑です。甘みも酸味もうすいのですが、すっきりした優しい香りがして、私は大好き。

何とか手が届くところの実をとって、もらってきました。

「こゆるぎ紅茶」に浮かせて、和のシャリマティー

ふと、紅茶に入れてみたらどうかしら?と思いついて(フレッシュベルガモットからの連想です(^^♪)、さっそく試してみることに。

ふくれみかんの皮と果汁をたっぷり入れたマドレーヌも焼いてみました。

紅茶は、小田原にある如春園の「こゆるぎ紅茶・First Flush Flower Moon-10」です(ChaTea)。

黙って出されたら「美味しい春摘みダージリン!どこの茶園?」と思いそうなくらい香り高い、でも言われてみると、より繊細で日本的な、素敵な和紅茶です。なんと「やぶきた」なのだそうです。

アレンジするのはもったいないような美味しいお茶なのですが、ふくれみかんの香りとは絶対に合うはず…と直感した通り、しみじみと優しい、和のシャリマティーになりました。

1煎めを淹れたあとの茶葉も、まだとても良い香り。1時間ほど水出しして、アイスふくれみかんティーにしていただきました。今日は少し気温が高いこともあって、こちらも美味…!

ベルガモットのきりっとしたおしゃれな香りとはまたちがう、懐かしい和の香りに心がなごみました。

ほんのりとふくれみかんの風味がするマドレーヌも、美味しくできましたよ(^^♪。

 

 こちらの日記もどうぞ→ フレッシュベルガモットのアールグレイ