If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

沢屋のオレンジママレードとラ・フランスジャム

昨日、ベノアwithシップトンミルの力強いスコーンに合わせてしまったばかりに、本来の美味しさを発揮できなかった沢屋のオレンジママレード。

いつも私の不出来なスコーンをカバーしてくれている恩人なのに、なんて可哀そうなことを…。

ということで、今日は、愛する沢屋のママレードと、この季節のお気に入り、ラ・フランスジャムがティータイムの主役です。

お相手には、優しい風味の国産小麦粉のスコーンを、心をこめて焼きました(^^♪。

沢屋のママレードやジャムは、フルーツとグラニュー糖だけで作られた、フレッシュなやわらかい味が特徴です。

なので、優しい風味のふんわりしっとりしたスコーンに合わせなくては…。英国産全粒粉を使った強い風味のスコーンに合わせてしまったのが昨日の失敗です。

今日のスコーンは、Galettes and Biscuits 安田真理子さんの「おうちでつくるイギリス菓子」のレシピで、小麦粉も安田さんおすすめの北海道小麦粉の「クーヘン」で作りました。

うまくできたかな…。スコーンが冷めないうちに、クリームティーならぬ、ジャムティータイムです(^^♪。

完熟オレンジママレード

完熟の国産ネーブルオレンジで作られたママレードです。

今日はママレードが主役なので、jam on top。

フルーティーでやわらかな甘みの日本風ママレード。英国風の、しっかり煮詰めた透明感のあるママレードとはまったくの別物です。

国産小麦の甘い香りがする焼きたてのスコーンと、なめらかなクロテッドクリームが合わさると、何だか懐かしくて優しい味…。美味しいなぁ。

ラ・フランスのジャム

秋になると食べたくなるラ・フランスのジャム。

ラ・フランスが皮ごと使われているところが何とも好きです。

クリームと一緒にふんわりスコーンに乗せると、優雅な香りにうっとり…とろけるような繊細な美味しさです。

「両方乗せ」も

沢屋のジャムはどれも優しい味なので、2種類のジャムを一緒に乗せるのも楽しいのです。

オレンジママレード×ラ・フランスは、お気に入りの組合せのひとつ(^^♪。

すべてがやわらかくとけあって、とてもぜいたくな、幸せな味でした。

今日の紅茶は、久しぶりにF&Mのクイーンアン。冬が近づいてくると飲みたくなります。こっくりしたミルクティーがオレンジやラ・フランスの香りによく合いました。

ママレードへのおわびの気持ちをこめたジャムティータイム。あらためて、沢屋の美味しさを実感しました。スコーンもいつになく上手に焼けましたよ!

これで昨日の失敗は許してくれたかしら?

スコーンとジャムの相性、予想以上に大事ですね。どんなにお気に入りのジャムやママレードでも、合わせ方によっては…。

となると、英国産小麦のしっかりした風味のスコーンに合う、私好みのジャムは? 宝探しの愉しみがまたひとつ増えました(^^♪。