If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

りんごの日々 ④|紅玉のポタージュとジュレ

軽井沢から帰って、冷蔵庫のなかで待っていたりんごたちと再会。

向こうでもりんごの使い道を無意識に考えつづけていたのか(^^;)、帰りの車の中で、素敵なアイディアが浮かびました。それは、りんごの器に入った、冷たいポタージュとジュレ。

といえば、もう…。

憧れの、エルミタージュ ドゥ タムラの…

そう、軽井沢のフレンチレストラン、エルミタージュ ドゥ タムラのスペシャリテです!

憧れのお店、エルミタージュ ドゥ タムラ。桃のスープはいただいたことがありますが(感動しました)、りんごの季節には伺ったことがありません。

グルメな方たちのブログ記事などを参考に、私なりに…。

がんばったでしょう?

でも実は、いつもの手抜きスタイルを貫きまして(^^;)、意外に手間はかかりませんでした。

  • ポタージュは、皮をむいた紅玉をグラニュー糖とレモン汁でやわらかく煮て、ミルクと生クリームを加えてバーミックス。冷たく冷やします。
  • ジュレは、むいた紅玉の皮を、水・グラニュー糖・レモン汁で煮て、きれいな赤いシロップができたら、濾してゼラチンで固めました。
  • 器は秋映をくりぬいて…。くりぬいた中身は、お行儀悪く、立ったまま食べてしてしまいました(^^;)。秋映、やっぱり美味しいです。
  • 固まったジュレ(今回、かたくなりすぎました…)とポタージュをりんごの器に入れ、粉砂糖の雪を降らせて、完成!

さっそく…(^^♪。

ジュレはもっとふるふるが理想でしたが…、それ以外は、だいたい思い描いていた通り。ほんのり甘酸っぱくクリーミーで、とても美味しかったです。

器にした秋映もぜんぶいただこうと思ったのですが、ふた部分を食べたところで断念。先ほどつまみ食いしたばかりですし(^^;)。残りは夕食のサラダになりました。

フレッシュアップル&スパイスティー

お茶は、タイニートリアのクリスマスティーに、くりぬいた秋映の芯のあたりを一緒にポットに入れて蒸らしました。

すっきりしたスパイスと柑橘類の香りに、りんごのフレッシュな甘い香りが加わって、冬らしい、ちょっとかわいい風味になりました。

ポタージュのあとの口直しにぴったりでした。

想像しながら作ってみた、紅玉のポタージュとジュレ。なかなか美味しくできました。

エルミタージュ ドゥ タムラの本物は、どんなお味なのでしょう? ますますいただいてみたくなりました。

我が家にとっては気軽に伺えるお店ではありませんが、今から少しずつ、夫に暗示をかけていきたいと思います(^^♪。