If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

母のきんとんで、白花豆シャンテリー

Stay Home でのお正月。

いつも実家でにぎやかにいただいている母のおせち料理も、今年はなし…。でも、私の大好きな白花豆のきんとんだけは作ってくれて(^^♪。暮れにもらいに行ってきました。

優しい甘さの、手作りきんとん

わが家のきんとんは、白花豆。

母の祖母の時代から作っているという、ささやかな伝統の味です。

手作りならではの優しい甘さで、ついついたくさんいただいてしまい…。

私の場合、お正月の体重増加の主要因は、多分この子(^^;)。

マロンシャンテリーならぬ、白花豆シャンテリー♪

東京會舘(や、パレスホテルなど)のスペシャリテ・マロンシャンテリー。

 よろしければ→ 東京會舘のプレミアムマロンシャンテリー

これをまねして白花豆シャンテリーを作るのも、わが家の密かな?恒例行事なのです。

白花豆のきんとんをそのまま、または裏ごしてそぼろ状にして、泡立てた生クリーム(お砂糖は入れない方が好みです)でおめかし(^^♪。

デコレーションが苦手で、お恥ずかしいのですが…。

きめ細かく優しい甘さの白花豆と、ふんわり軽いシャンテリークリーム。何て美味しいのでしょう(^^♪。

自画自賛してご満悦の、おめでたい私でございました。

マーガレットホープ  夏摘み Moonlight

紅茶は、マーガレットホープ茶園の夏摘み Moonlight2020DJ135/ChaTea) にしました。

優雅な余韻のある香りが、白花豆の上品な甘さにぴったり(^^♪。

夫は今日も、ランチにワインを飲み過ぎてお昼寝中…。一人しみじみと静かなティータイムを楽しみました。

母のきんとん、今年も無事にいただくことができました。

曾祖母~祖母~母と受け継いだのだから、次はあなたの番よ!と言われつつ、いまだ母に甘えている不詳の娘です…。