If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

モモと一緒に桜狩り

モモとのお散歩、このところ毎朝のように、桜並木のある川岸の遊歩道へ向かいます。

往復の道々にも、そこここに…。

ときどきモモに引っ張られながらも、のんびりとお花見(^^♪。

ある晴れた朝

眩しい日差しのもとで、青い空に桜色が映えます。

何て綺麗な色…。

モモも少しは見てごらん。

\え? おやつって言った? お座りしま~す/

はいはい…(^^;)。

ある曇った朝

人通りのまばらな早朝。

朝の冷たい空気とともに、桜の香りを深呼吸。

どこかに春の妖精が隠れていそう…。

\早く行こうってば~/

はいはい…(^^;)。

ある雨あがりの朝

今日の桜です。

昨日の雨でだいぶ散ってしまったけれど、空気が澄んで気持ちいい…。

もうそろそろ見納めですね。

名残り惜しいな…。

\散った花びらも風流ね。あらっ何だかここ、素敵な匂い/

あっ、ちょっと待って~。紙を用意するから!

夢のように可憐で、儚くて…。桜の木の下に立つと、何だか時間が止まったようにぼーっとしてしまいます。

そんな私を、笑いとともに現実に引き戻してくれるモモ。

愛すべきリアリスト(^^♪。