If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

ストウブでパン、に挑戦

なぜか周期的に「パンを焼きたい!」という気分が盛り上がります。

今回のミニブームは、高加水のハードブレッド。

美味しいカンパーニュを焼くのが目標ですが、もちろん、なかなかうまく行きません…。

初心者向けの本を探して目に留まったのが、堀田誠さんの「『ストウブ』で、パン」でした。

シンプルな手順で、私にも何とかなりそう。何より、表紙のパンたちが美味しそう!

まずは『基本の高加水パン』を作ってみました。

ストウブに入れて2次発酵→そのままオーブンへ

優しく合わせた生地を、冷蔵庫でゆっくり1次発酵させる…というところまでは、高加水のおなじみの作り方。

水温や混ぜ方など、詳しく書かれていてわかりやすいです(^^♪。

すごくいいなぁと思ったのは、その後です。

2次発酵はストウブの中で。

室温で1時間半ほどして、1.5 倍くらいにふくらんだら…

ふたを閉めて、そのまま予熱したオーブンへ!

バヌトンなどで2次発酵させた生地の扱いにはいつも難儀しているので、そのまま焼けるというのはうれしいです。

ちなみに今日は、レシピの半量…小麦粉(リスドォル)150gの生地を、φ16cmラウンドに入れました。

そしてドライイーストを、白神こだま酵母に置き換えたのですが(開封したものがあったので、つい…)、そのせいか、なかなか焼き色がつかず。

指定の焼き時間が過ぎたので、取り出すことにしました。

焼き色は明らかに浅すぎ…。パリッとせず、歯切れも悪い…。

一方、クラムはなかなかよい感じ。つやがあり、しっとりもっちり。風味もよく美味しいです(^^♪。

焼き時間は十分ということなのかな?

こんがり香ばしいクラストにするには、どうしたらいいのでしょう?

オーブンの最高温度(250℃)で焼いていますし、この方法ではストウブの余熱はできませんし…。

とりあえず次回は、本のレシピに忠実に、ドライイーストを使って再挑戦してみようと思います。

プラムのオープンサンドイッチ

やはり、最初から成功…というわけにはいきませんでした。当然かな。

気をとり直して、ランチタイム。

サワークリームとプラム、はちみつをのせて。

香ばしさは足りないものの、焼きたてというアドバンテージで、美味しくいただきました(^^♪。

紅茶は、Brew Tea Co のアールグレイ。

やや甘めの果実感あるベルガモットが香ります。

軽やかな風味が、フルーティーなオープンサンドイッチにぴったりでした。

お気に入りのパン屋さんに行けば、美味しいパンはすぐに手に入るのですが…。

なぜか突然やってくる、マイ・パンブーム。

明日焼くためのドライイーストの生地は、もう冷蔵庫に眠っています(^^;)。

 

あわせてどうぞ

高加水生地をストウブの中で2次発酵させ、そのままオーブンに入れるというシンプルな作り方が魅力の、堀田誠さんの「『ストウブ』で、パン」。 私にもできそう!と軽い気持ちで作りはじめたものの、なかなか上手に焼けず試行錯誤していたところ...[…]

あわせてどうぞ

少し前のこと、ふと美味しいハードブレッドを焼いてみたくなり...。 以来、何度となく作っているのですが、まだ一度も満足な出来栄えにならず、紆余曲折中です。 昨日は、堀田誠さんの「『ストウブ』で、パン」のレシピに初挑戦。 ク[…]