If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

オレンジのウェルシュケーキ

イギリス・ウエールズ地方の伝統的なお菓子、ウェルシュケーキ。

ほろほろっとした食感がたまらなく好きで、ときどき作っています。

レーズンやカランツが入るレシピが多いようですが、わが家の定番はオレンジピール入り。

ウエールズに限らず、イギリスの(特に伝統的な)お菓子って、レーズンやカランツを使うものが多いですよね。

素朴な焼き菓子は大好きだけれど、なぜか子どもの頃から干しぶどうが苦手な私は(偶然、夫も同じ)、たいてい、オレンジピールに変更します。

好きなものだけでできているウェルシュケーキ(^^♪。

スコーンと同じような材料ですが、バターが多めで、卵も少し入ります。

レシピは、いつもの安田真理子さんの「おうちでつくるイギリス菓子」から(カランツ以外)。

本来は「グリドル」という鉄板を使うのだそうですが、厚手のフライパンで片面ずつこんがり焼いて、グラニュー糖をまぶして出来上がり。とっても手軽です。

冷めても美味しいけれど、まずはもちろん、焼きたてを(^^♪。

バターや小麦粉の素直な風味に、さわやかなオレンジのアクセント。

独特のほろほろっとした口どけが、やはりとっても美味しいです(^^♪。

今日はオレンジピールを入れたのですが、何も入れないプレーンでも、シナモンやクローブで香りづけしても、好きです。

…と書いていたら、スパイス入りバージョンを、またすぐに作りたくなってしまいました。

オレンジピールの香りに合わせて、お茶は F&M のカウンテスグレイ。

ウェルシュケーキを焼いていたら暑くなってしまったので、アイスティーにしました。

普段はブラックティー派の私ですが、カウンテスグレイには、ミルクを入れるのも気に入っています。

華やかな香りのアイスミルクティー(^^♪。

ウェルシュケーキには、こちらの方がより合うかもしれません。

ウェルシュケーキをつくっていたら、むかーしに観た「ウエールズの山」という映画を思い出しました。

ヒュー・グラントが演じるイングランド人測量士が、ウエールズの「山」を測量にいくところから始まる、心温まるお話。

ウエールズ語?が理解できなくて、気弱そうに「英語を話せる人はいませんか?」というヒュー様がすごくおかしかったです(^^♪。

それくらい、独自の文化があるところなのでしょうね。

いま探してみたら Amazon でレンタルできるようです。久しぶりに観てみようかしら…。

 

あわせてどうぞ

ヨークシャーカードタルトを作りました。 酪農業が盛んなヨークシャーで、チーズのもととなる “カード” を使って17世紀から作られてきたお菓子だそうです。 見つけたレシピにはどれもカランツやレーズンが入っていたのですが、苦手なので[…]

あわせてどうぞ

外出自粛がもとめられたゴールデンウィーク。 元々 Stay Home 好きのわが家では、それなりに楽しく過ごしていたのですが、一つだけ問題が...。 健康診断に向けてダイエット中(^^;)の夫のため、お菓子作りも自粛中なのです。[…]