If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

伊勢丹英国展2022 ①スリーティアーズのアフタヌーンティー

日本橋三越の英国展、銀座三越のスコーンパーティー、そして今度は伊勢丹。

あまりにも続きすぎでは?…とつぶやきつつも、ウェブサイトをチェックしていましたら…。

伊勢丹英国展|伊勢丹新宿店 | 三越伊勢丹オンラインストア【公式】

伊勢丹新宿店2022年3月9日(水)スタート。春だ!イースターバニーが幸せを運ぶ英国展!心地よい春到来。そんな季節にはぜ…

完売していたはずの〈ダン・レパード × スリーティアーズ〉のイートイン「イースターアフタヌーンティー」に、空席があるのを発見!

考える間もなく、予約完了していたのでした(^^;)。

予約時間は、日曜日の午後。

さぞかし混んでいるのではと心配でしたが、思いのほか空いていて、行列もあまり見当たりません。

ちょうど人出が一段落したところだったのかもしれませんね。

少しお買い物をしてから、アフタヌーンティーの受付へ…。

ガラス張りのキッチンの中に、たくさんのスリーティアーズが出番を待っていました(^^♪。

一ノ木シェフのお姿も。

スタッフの方が「キッチンを見られる機会はあまりないので、ぜひ近くでご覧ください! お写真もどうぞ」と声をかけて下さったので、じっくりと拝見させていただきました(^^♪。

時間になりますと、新宅オーナーからメニューのご説明があり…。

先ほどのスリーティアーズたちが、テーブルにやって来ました!

英国展会場の一角を仕切っただけの空間ですが、まっ白なテーブルクロスと、一人ずつの小さなお花がうれしかったです。

さっそく紅茶が注がれて、アフタヌーンティーのスタートです。

紅茶は、3種類を順番にいただけるとのことで、まずは、スリーティアーズのオリジナルブレンド。

1st Tier のマチェアチェダーサンドイッチ、スモークサーモン&クリームチーズサンドイッチ、ソーセージロールとともに。

シンプルなのに、わぁ…と目を見張ってしまう美味しさ(^^♪。

とくに、マチュアチェダーのサンドイッチと、ほんのりスモーキーな紅茶との組合せが最高でした。

2nd Tier は、プレーンスコーンとストロベリースコーンに、ミセスベリーのミックスベリージャム、クロテッドクリーム。

紅茶は、テイラーズオブハロゲイトのティールームブレンドに変わりました。

スコーンとの相性の良さは、言うまでもありません(^^♪。

フレッシュな味わいのストロベリースコーン。

バターたっぷりのリッチなプレーンスコーン。

どちらのスコーンも、ジャムもクリームも、ほんとうに美味しいです(^^♪。

クロテッドクリームまで、自家製なのだそうです!

そして、3rd Tier 。

ストロベリードリズル、レモンメレンゲパブロヴァ、キャロットケーキ、クランベリーショートブレッド。

紅茶は、ティールームブレンドのおかわりをいただきました。

すべて美味しいのですけれど、中でもキャロットケーキが…。

しっとりやわらかい口あたり、程よいスパイスの香り、胡桃の香ばしさ、フロスティングのまろやかさ。

ホールでいただけそうです(^^♪。

最後に、カメリアズのロイヤル・ウェディングブレンドがサーブされました。

以前から気になっていたお茶なのですが、ローズ系のフレーバードティーには少し苦手意識があって…。

なかなか試せずにいましたので、今回、いただけてよかったです。

そして、さすがはカメリアズ。

上品な薔薇の香りと、優しくすっきりとした味わいで、びっくりするくらい美味しかったです。

アフタヌーンティーのしめくくりにふさわしい、素敵なお茶でした(^^♪。

憧れの…でもなかなか予約が取れないことで有名な、スリーティアーズのアフタヌーンティー。

ざわざわした英国展会場の一画で、しかも1時間でいただくという忙しなさでしたが、それでも、人気の理由がよくわかりました。

がんばって予約をして、サロンにうかがわなければ!と、決意をあらたにいたしました(^^♪。

 

あわせてどうぞ

銀座三越で開催された “スコーンパーティー withティー”、最終日に行ってまいりました。 一番のおめあては、スリーティアーズのイートイン...だったのですが、混雑ぶりを見てあえなく断念。 でも、テイクアウトのスコーンや紅茶、そ[…]

あわせてどうぞ

クリームティーをいただきながら、レトロなロンドンバスで都心をクルージング...という素敵なミニツアーに参加してまいりました(^^♪。 先日、1月の三越英国展の情報がそろそろ何かあるかしら...などと Web検索していたら(それ[…]