If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

ティークラブ「ファーストアプローチ」@マリアージュフレール

またまた、マリアージュフレールのティークラブに行ってしまいました。

テーマは「ファーストアプローチ/味わいの発見とその本質の見極め」。

いちばん基本となるクラスですが、実はまだ参加したことがなかったのです。

今回も、楽しくお勉強してまいりました(^^♪。

数年ぶりに、マリアージュフレールに魅せられて…。

昔は時間がなくて行けなかったティークラブに、ここぞとばかり出かけております(^^♪。

先週の「茶園へのいざない」は、私にはレベルが高すぎたようですが…▼

tea-w-fairies.com

先日、マリアージュ フレールのティークラブに参加しました。 今回のテーマは「茶園へのいざない/グランクリュ 茶園の研究」。 果てしなく広がるお茶の世界にいざなわれて、いつのまにか遠くに旅して...。 迷宮に、入ってしまった[…]

今回は「ファーストアプローチ」ということで、安心してうかがいました(^^;)。

窓際のお席♪

テーブルにはいつものように “CARNET DE DÉGUSTATION”。

このお茶専用のテイスティングノート、すごく良いですよね。

家でも使いたいくらい…。

ルーズリーフにして、素敵なバインダーと一緒に販売してくださらないかしら(^^♪。

今回いただいたお茶は、こちらの5種類でした。

  • インド(ダージリン)/紅茶/「プリンストン」
  • 中国/緑茶(フレーバード)/「ギンザ プルミエール」
  • 中国(福建)/白茶/「グラン パイミュータン」
  • 中国/紅茶(フレーバード)/「マルコポーロ スブリム」
  • 南アフリカ/ルイボス(フレーバード)/「ルージュ ドトンヌ」

マリアージュの魅力がいっぱいの、王道のラインナップ、でしょうか(^^♪。

まずは、春摘みダージリンのブレンドティー「プリンストン」から。

こちらはもう、おなじみですね。

フルーティーですっきりとした、とてもいただきやすいファーストフラッシュ。

美味しいです(^^♪。

講師の方から素敵なお話を伺いました。

かつて、ダージリンのクオリティーシーズンといえば夏か秋で、春摘み茶が重視されることはなかった時代。

その繊細な風味に注目し、大きく扱うようになったのは、何と、マリアージュが最初なのだそうです。

私も大好きなファーストフラッシュ…。もしもマリアージュが目を向けなければ???

心よりお礼を申し上げます…(^^♪。

「プリンストン」以外の4種類は、初めていただくお茶でした。

「ギンザ プルミエール」は、銀座本店の25周年を記念する銘柄とのこと。

日本を代表する高貴なお花、菊がブレンドされています。

インディゴブルーの水色には、個人的には少し抵抗がありますが…(^^;)。

甘さのある柑橘系の優しい香り。お味は軽やかですっきり。

詳しくは▼
https://mariagefreres.co.jp/category_detail.php?type=&keyword=&code=TJ9961

そして、次には何と…。

ちょうど気になっていたパイミュータン(白牡丹)が登場しまして、うれしい驚きでした(^^♪。

マリアージュにはパイミュータンだけでも何種類かあり、今回いただいたのは「グラン パイミュータン」。

先日購入した「ブリューム ド ジャスミン」のベースになっている「パイミュータン インペリアル」とは、また違う銘柄です。

▼私には「マッシュルーム??」と思えてしまう香りが気になって、淹れ方に苦心しました▼

tea-w-fairies.com

先日のティークラブ(茶園へのいざない)では、マリアージュ選りすぐりのお茶を5種類もいただいたというのに...。 いまひとつ美味しく感じることのできない自分の味覚に、がっかりしてしまいました。 (ティークラブそのものは、とても楽し[…]

今回の「グラン パイミュータン」は、同じようにまろやかな風味ながら、「マッシュルーム感」は控えめ。

ジャスミンの香りがないので、単純には比べられませんが)

とても美味しいです(^^♪。

淹れ方はやはり、85~90℃くらいのお湯で3分、が基本とのこと。ふむ…。

ちなみに、白茶のなかでも新芽だけを使った「銀針」の場合は、10分程も蒸らすのだそうです!

その美味しい「グラン パイミュータン」とともに、お食事が始まりました(^^♪。

まず、トマトとメロンの冷たいスープ。

薔薇とラベンダーが香る「パリ-ロンドン」の茶葉がアクセントになって、とても上品なお味です。

メインは、今日はお野菜を選びました。

「カサブランカ」を使ったフムスと、「テ シュル ル ニル」入りのドレッシングであえたお野菜。

一緒にいただいたお茶は「マルコポーロ スブリム」でした。

通常のマルコポーロを、オーガニック茶葉を使用するなどグレードアップした銘柄だそうです。

実は、マルコポーロは私には香りが強すぎて、昔からあまり…。

ところが、スパイシーなフムスと一緒にいただくと絶妙なバランスで、とても美味しい!

目から鱗がおちました。

デザートは、先週と同じ、モンブランを。

あまりにも美味しかったので、もう一度いただきたくて♪

最後のお茶は、「ルージュ ドトンヌ」…マロングラッセの香りのルイボスティーでした。

(お写真はぶれてしまったので、ありません(^^; )

秋の気分いっぱいの、素敵なフィナーレ。

今回もほんとうに楽しくて、あっという間に時間がすぎました。

「ファーストアプローチ」とはいえ、こんなに充実の内容…。

「グラン パイミュータン」が登場したのには、何てタイムリー!とうれしくなりました(^^♪。

次のティークラブも受付が始まりましたので、さっそく申し込み済です。

「マリアージュフレールが創造するオートクチュールな味わい」だなんて…。素敵すぎます!

詳しくは▼
https://www.mariagefreres.co.jp/teaclub_guide.html

 

tea-w-fairies.com

先日、マリアージュ フレールのティークラブに参加しました。 今回のテーマは「茶園へのいざない/グランクリュ 茶園の研究」。 果てしなく広がるお茶の世界にいざなわれて、いつのまにか遠くに旅して...。 迷宮に、入ってしまった[…]

tea-w-fairies.com

マリアージュフレール銀座本店は、今年、25周年になるのだそうです。 それを記念して新設された、これまでとは少し違う形式のティークラブ 「アトリエ アールグレイ」に参加しました。 ここ数年、ご無沙汰気味だったマリアージュフ[…]