If the fairies come to tea, how very jolly that would be! They’d say “Hello”. I’d say “Come in”. And then the fun would all begin...

レモンドリズルケーキと “Wishes”

3月14日、いかがお過ごしでしたか?

わが家では…ホワイトデーにと(自分で)お取り寄せしたクッキーは、待ちきれずに先日開けてしまい(^^;)。

大好きなレモンドリズルケーキを焼いて、カメリアズの “Wishes” と一緒にいただきました。

 お取り寄せしたクッキーのお話 → アトリエうかいのフールセック

瀬戸内レモンの雨

イギリスらしいケーキといえば、必ず名前があがるレモンドリズルケーキ。

“drizzle” は「小雨がしとしと降る」という意味なのだそうです。そして、焼き上がりにシロップをかけたケーキは、ドリズルケーキ…。なるほど。

旬の瀬戸内レモンでつくったシロップを、しとしと、たっぷり drizzle しました。

すりガラスのように固まったら、いただきます。

レシピは、ステイシー・ウォードさんの「Mornington Crescent Tokyo の英国菓子」より。

生地には、サワークリームとアーモンドパウダー入りです。

シロップの上にさらにアイシングも…ということだったのですが、かなり甘そうなので(私はよいのですが、夫が敬遠しそう)シロップだけにとどめました(^^;)。

お味はいかがでしょう…。

アーモンドパウダーのこくのある風味と、きゅっと甘酸っぱいレモンが良く合って、とても美味しいです。

固まったシロップのしゃりしゃりとした歯触りもよい感じ。

瀬戸内レモンのさわやかな香りを満喫していたら、何だか元気がわいてきました(^^♪。

カメリアズティーハウス “Wishes”

お茶は、カメリアズの “Wishes”。

昨秋に出た新作で、世界の平和と人々の健康への願いを込めてネーミングしたのだそうです。

アッサム、ダージリン、雲南のブレンドとのこと。

きりっとした力強い風味で、やや渋みもあります。私にはブラックでは少し強いのですが…。

ミルクを少し入れると雰囲気が一変して、甘い香りの軽快なミルクティーに変身。

ミルクの後味(苦手なのです)が残らないすっきり感が素晴らしいです。

昨年の英国展で買いそびれて後悔していたのですが、先日、三越伊勢丹のオンライン英国展で見つけました。今はまた扱いがなくなってしまったようです。

“MIKADO” とともに、ぜひぜひ定番化をお願いいたします。

首都圏の緊急事態宣言解除、また雲行きがあやしくなってきましたね。

でも、いつかは終息するはず。

Wishes を込めて…。